子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

こんにちは!

この日記は、2000年4月に子宮体がんで準広汎(子宮・両卵巣、卵管摘出)と、リンパ郭清の手術をした「ぴょんぴょん」が書いている術後の経過日記です。

日記ですので、思ったことや身体の状態などはありのままに書いています。
子宮がん術後の患者さんがすべてぴょんぴょんと同じような体調、状態、経過になるわけではありません。
術後の状態は患者さんによって異なり、まったく同じ状態の人は一人もいないということを踏まえてお読みください。

また、ぴょんぴょんは2003年夏に膠原病(全身性エリテマトーデス:SLE)予備軍であることがわかり、2004年夏には橋本病と診断されました。
婦人科、内科、皮膚科、整形外科の主治医にそれぞれ、子宮がんと膠原病や橋本病には何か関係があるのか質問したところ、全員が「因果関係はない」という答えでした。
ぴょんぴょんが子宮がんの後に膠原病予備軍や橋本病になったのは、まったくの「たまたま」らしいです。

がんの術後の不調だけでなく、膠原病や橋本病から来ている不調も多少あるようなのですが、「この症状はがんの術後後遺症」「これは膠原病から来る不調」「これは橋本病から来る不調」という区別が自分自身でもよくわからないので、一緒に書いています。

読んでいる方にとっては、ぴょんぴょんの具合が悪そうに思われることや、「ぴょんぴょん、そんな言い方ないだろ~」と思われることがあるかもしれませんが、これは日記ですので、ぴょんぴょんの主観で好きなことを書かせてもらっています。
心配したり、怒ってはダメよ。
そこんとこ、ホントによろしくお願いいたします m(_ _)m

ぴょんぴょんのホームページは、子宮がん関係はうさぎの本宅、膠原病関係はなんちゃって膠原病ワールドです。

これから治療される方のお役に立てるかもしれない記載もありますので、ぜひ一度おいでください。

**************************************************

2005年4月以降の「日記のようなもの」は、

週刊ぴょんぴょん
http://usaginohontaku.seesaa.net/


に書いています。
スポンサーサイト
  1. 2000/04/01(土) 23:30:00|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ライオン

昨夜、ライオンの子供を3匹飼っていて、ニューヨークやワシントンDC(ちなみに両方とも行ったことなし)のような街中を散歩させている夢をみた。
ライオンは放し飼い状態で、わたくしのあとをついて来つつ、ライオンたち同士でちょっかいを出しあって遊んでいる。
ただし、道を歩いている猫を見かけると、3匹で追っかけまわす。
わたくしは、「同じ猫科なんだからいじめちゃダメよ」なんて、のんびりと子ライオンに説教なぞしている。
そのうち、周囲の人に「ライオンなんだから、散歩の時はリードを付けてよ」と言われた。(すごい当たり前の話だし、だいたい街中でライオンを散歩させていいのか?!)
わたくしは「ライオンだから、ヴィトンだよな~」(大謎)と、ヴィトンに首輪を買いに行く。(ちなみにリアルでは、ヴィトンは小物すら持っていない…)
で、首輪3つお買い上げ、って夢。

心理学的には、どうなんでしょう?

うさぎの本宅に新しいコンテンツをUP。
体がんのわたくしがHPVをテーマにしたコンテンツを持つことについては、賛否両論あるだろうと思う。
以前から、「ぴょんぴょんはHPVについて語る資格がない」と表明しているので、今回もそのスタイルは貫きます。場所のご提供のみってことで、よろしく。

HPVをうさぎの本宅掲示板で語ってもらっちゃ困るというわけはないのだけれど、誰でも来られる掲示板と言うのは、荒らしも来るわけで…。
某巨大掲示板サイトに、頸がんのスレッドがあることを知り見に行ったらば、あまりにも「なんだかな~」という内容のカキコもあった。

それで、うちが今回新設したHPVがテーマの掲示板はメンバー制ですわ。これで荒らしは防げるだろうと思う。
今までのように、実際のがん治療の質疑応答と、HPVの不安や疑問を同じ掲示板で扱うのも無理があるような気がするし…。
初心者にはログイン等がちょっと面倒かもしれないけれど、わたくしが欲しいと思ったセキュリティを実現させられる中では一番簡単な方法を使ってみました。

よろぴく。
  1. 2004/02/29(日) 23:30:00|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

やっちゃった…

PCを使っている最中に、ブレーカーを落としてしまった。
で…。
5月8日からのメールデータが一部消えてしまいました (ToT)

5月8日~10日19:00にかけて、ぴょんぴょんに返事の必要なメールを出したのに、音沙汰がないという方は、すみませんがメールの再送をお願いいたします。

m(_ _)m
  1. 2004/05/10(月) 23:30:00|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

40万アクセス

うさぎの本宅は今日、40万アクセスを突破しました。
延べ40万人のご来訪をいただいたということですが、患者サイトという性格上、お一人お一人が苦悩や涙や不安を抱えての来訪だと思います。その数の重みをひしひしと感じます。

わたくしは自分ががんになった時、患者さんのサイトで体験談を読ませていただき、とても助かりました。

がん治療の方法や一般論は、医学書を読んだり、主治医に質問すれば答えが得られますが、治療を受ける側が肉体的精神的に実際どんな感じかを教えてくれたのは、他ならぬ患者サイトさんでした。
そして、一通りの治療が終わった後、経験者にしかわからないことも多々あるんだと、改めて感じました。

子宮がん患者サイトの先輩にあたる管理人さん方は、がん治療経験も、がん患者としての年数もわたくしより積んでいらっしゃるので、わたくしがご恩返しできる機会はなかなかありません。
その分をこれから治療される患者さん方に還元する気持ちでサイト運営をしてきたつもりです。

実際どれほどのお役に立てているのだろうかと自問自答することが多いのですが… (;^_^A
使命と言ったら大袈裟ですが、がんになった者にしかできないプチボランティアのつもりで、これからも、わたくしにできる範囲内で最大限のことをしていくつもりです。

うさぎの本宅は病気をテーマにしたサイトですので、賑わわないに越したことはないのですが、「がん」と診断される人が出ない日は一日もないのも事実です。
子宮がんを告知された患者さんが、これから自分に行われるであろう治療体験を知ることで、心配や不安が少しでも解消するなら、社会復帰やその人らしい生き方に戻るお手伝いがちょっとでもできているのなら嬉しいです。

先輩サイトの管理人さん方、さりげなく力を貸してくださっている医療従事者の方々、貴重なご意見をお寄せくださる患者さん方に、この場を借りてお礼申し上げます。
いつもありがとうございます。

そして、閲覧されている患者さんのご快癒をお祈り申し上げております。
  1. 2004/06/22(火) 23:30:00|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

お礼

時々、患者サイト管理人である自分の立場を呪いたくなるようなことが起きると、メールフォームからいただいた感想のメールなどを読み返して、気分を落ち着けたりする。

現実問題として、わたくしには励ましや感想のメールにお礼の返事を書く時間がなく、いただきっぱなしで申し訳ないです。
温か~い励ましと共に「感想ですし、お忙しいでしょうから返事はいりません」と気遣ってくださる、もうこの人は天使なんじゃないかと思えるような方もいる。ありがたいことです。
どんなに時間がなくても、そんな天使のような方にだけは、わたくしに寄せてくださった気持ちのお礼を申し述べたくお返事させていただきたいと思ったりする。
けれど、やっぱり1日は24時間しかなく、本当に残念です。

ここのところ、かなりの数の感想メールをいただいています。
おひとりおひとりにお返事することが難しいので、こちらでお礼申し上げる失礼をお許しください m(_ _)m
  1. 2004/08/30(月) 23:30:00|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。