FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

猫ファッションショー

数日前、うちの猫の写真を載せたら、「かわいい!」と言ってくださった方がいたので、飼い主としてはやっぱり嬉しいです (^o^)
で、今日はちょっと趣向を変えて、うちの猫の話などを。

うちの猫は女の子で、バリバリの雑種です。
数年前、それまで飼っていた猫が、なんとクリスマスイブに死んで、悲しくて食事もできなくなってしまい、体重が3日で3キロも減りました。
「このままではダメじゃん!」と師走に猫探しをする羽目に…。

私は血統書付きには興味がなく、それまではかなり大きくなった捨て猫を拾って飼っていたので、今度は子猫から育ててみたいと思ったんですが、冬の子猫って少ないんだって。

12月の子猫は秋生まれ。
猫はだいたい春から夏にかけて子供を産むらしく、野良猫の秋子は栄養状態や気候などの影響で、生まれてもなかなか育たないそうです。

動物愛護センターに行っても子猫はいないし、行きつけの獣医さんも探してくれたけれど見つからず…。
インターネットの「猫あげます」っていう掲示板を見て連絡しても、年末年始で先方はいないし… (ToT)

やっと12月29日に「飼い猫が脱走して帰ってきたら、子猫がいっぱい生まれちゃいました(ToT) もらってください」という人から連絡が来て、見に行きました。
6匹生まれて、5匹残っていて、みんな可愛かった~。

4匹の子猫は「連れてけ~、連れてけ~」とすぐ私にまとわりついてきたのに、その兄弟たちの様子をちょっと遠くから「あんたたち、何よ。ふんっ!」と醒めた目で見ていて、かなり用心深かったのが、今うちにいる猫です。

どれにしようかすっごく迷ったのは事実。
うちは、猫にも予防接種その他の必要医療をできる限りして完全室内飼いする方針ですが、今のところ多頭飼いはしない主義です。
最終的に2匹までは絞れたんだけど、そのあとがなかなか決められなくて困っちゃった。
結局、兄弟たちの騒ぐのを醒めた目で見ていたクールなところが妙に気に入り、今の猫に決めました。
うちの猫は血統的には何が入ってるのかまったくわかりません。
身体的特徴上の唯一の自慢は、足の裏です。



左右の足の裏の色が違います。
あ゛あ゛あ゛、たいしたことなくてスミマセン m(_ _)m
あと、犬みたいに「持ってこい」をやります。

時々、暇な時に私の服をお遊びでリサイクルして(爆笑)、猫の服を作ってます。




これはTシャツ(?)です。背中には魚のアップリケ付き!




これは、一応ワンピースです。フリル付きスカートにしてみたんですが…。



マフラーも編んでみたんですが、猫には必要ないようです (;^_^A

猫はかなり迷惑そうにしていますので、めったに着せません。
「動物愛護うんたらかんたら」とか、言ってこないでね。お願いしますよ~。

***************************************************

今日は、なんか調子イマイチ。
だるいし。
息苦しいし。
  1. 2003/09/10(水) 23:30:00|
  2. ねこ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

健康オタク猫、進化中?

仕事はまた徹夜。
12月中旬までは納品スケジュールがびっしりなので、体調を崩さないようにしないと…。

「うさぎの本宅」の中に書いてあることで、長い間気になっていた部分も修正中。
がんに関係するサイトを見ていると、体がん患者本人で治療経験もあるわたくしが読んで、「はぁ?」と思う体がんの医療情報が載っていることがある。
医療関係者でも治療体験者でもない人が書いているサイトだと、「何のためにこの情報を載せているんだろう?」と不思議。
なんで??
他サイトに書かれていることについて「あの記載って、ホントですか?」とこちらに質問が来ることもあるんだけれど、わたくしには答えようがないことも多い。
該当サイトに直接聞いてちょ。

他サイトのことについてはわたくしには口出しできない部分が多いし、相反するような情報のどれを信じるかは、基本的には閲覧者が決めることだと思う。
ホンモノ患者としては、できるだけ現実に即した情報でサイト構築をして行くように努力することしかできない。
ってか、わたくしにできるのはそれだけだし。

水分を取らないとてきめんに便秘するので、一日2リットルは飲むように心がけている。
普通の水だと飽きるし、清涼飲料水はカロリー的に心配なものもあるし、買うと高い。
そこで、日本茶、紅茶、ウーロン茶、そば茶、柿の葉茶などなど、自分で淹れて日替わりメニューにして楽しんでいる。

先日、オリーブ茶というものをいただいた。
オリーブの葉を乾燥させたものなんだけれど、我が家の健康オタク猫が非常に興味を示し、乾いた葉っぱの匂いをかいだり、頬ずりしたり、マタタビと同じような反応を示している。

うちの猫、ラリってるんですぅ (ToT)

今日は、オリーブ茶を入れたカップに顔を突っ込み、ガブガブ飲んでいるのを目撃!
へ~、変わったものが好きなんだなぁ。
  1. 2003/11/25(火) 23:30:00|
  2. ねこ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

猫、失踪

猫と一緒にお昼寝して、私が起きたら、猫がいなくなっていた。
寝る時は、確かに隣で丸まっていたはずなのに…。
窓もドアも全部閉まっているので、外へは出られないはず。
猫お気に入りの場所をすべて探したのにいない。
呼んでも出てこない。声もしない。

もしかして、

呼んでも返事できない状態 = 死んでしまった

のではないかとかなり焦った。

お風呂場を見て、家中の隙間もチェックして、念のため、家の外の廊下も探したけれど発見できず、かなり悲しかった。

以前飼っていた猫は、朝、玄関ドアから脱走し、夕方、体中からシャンプーの香りを漂わせて帰ってきたことがあった。
うちはマンションの5階。
どこに行っていたのか不思議だったけれど、たぶんどこかの家に上がりこんでお風呂に入れてもらい、ご飯も食べさせてもらって、夕方になったので「お家の人が心配しているだろうから帰りなさい」とか言われて外に出されたんだろう。
今回いなくなった猫も帰ってきてくれるといいんだけれど…。

3時間後。
家の中のどこからか、かすかな音がする…。
猫の名前を呼んだら、小さくくぐもった声で返事があった。

結局ですね、「どうやって入ったの?」と思うようなケースの中にいた。
蓋がちゃんと閉まっていたので、中にいるのがわからなかったよ~。
ケースに入った後、どうやって蓋を閉めたんだろう???

入ったけれど出られなくなり、中でかなり奮闘したらしい。
ケースの中は毛だらけで、中の物をぐちゃぐちゃにし、囓りまわっていた (ToT)
後片付け大変だけど、生きててよかった。

「うさぎの本宅」の更新終了。
気になっていた部分を直せたし、書きたいことも書いた。
本職の医療従事者のかたが見たら、ちょっと説明足りないんじゃないの?と感じる部分があると思うけれど、専門的・具体的なことは患者サイトで説明し切るのは難しい。
専門用語の問題があるし、わたくしに書ける内容だとも思えないので、今のところ手を出す気はないです。

「子宮がん検診したら3と言われました。がんですか? 助かるんでしょうか?」という投稿だけは減るだろう…。
  1. 2003/11/27(木) 23:30:00|
  2. ねこ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

猫話

うちの猫は小心かつ神経質な性格。

一度トイレを使った後はきれいにするまで、絶対に入らない。
つきっきりで猫のトイレ掃除係をやるわけにいかないので、猫用全自動トイレを買った。高かった (ToT)

食事は、器に山盛りにしないと食べない。
半分以上残っているから追加しないと「ご飯ないぞ~!」と騒ぐ。
まだ入ってるって!

一緒の布団で寝ていて、夜中、熟睡して身体を存分に伸ばした猫に、こちらの身体がちょっとでも触れようものなら、「う~」という言葉と共にキックが飛んでくる。

そのくせ、知らない人がくると必死で押入れを開け、奥の方に隠れる。

そして、気にいらないことがあると、抗議行動としてベッドの上に地図を描く。
性格悪いよ~ (ToT)

わたくしの入院中、一日の大半を一人で過ごすことになった猫は、寂しい&つまらなかったらしく、夜になって夫が帰宅すると、毎日、布団に地図が描いてあったそうだ。
それを毎日洗濯したというのだから、夫も大変だったろう。

今まで地図対策として、掛け布団は洗濯機と乾燥機に入る薄手のものを使っていたけれど、洗い過ぎてボロボロになってきたし、わたくしはハウスダストにアレルギー反応が出てしまったので、埃はなるべく減らしたい。
で、これからは、毛布だけで寝ることにした。
頻繁に洗えるし、乾くのも早くていいんじゃないかと思う。
うちは関東で、住まいはマンション。
毛布だけで寝ても寒くて震え上がることはないけれど、真冬になったらやっぱりちょっと寒いかもしれないと思い、昨日、電気敷布を買った。
これに大喜びしたのが猫で、昨夜はさっそく布団に入り、ビロォォンと伸びて寝ていた。

はじめて使うので、どの程度の温度設定にすればいいのかわからなかったわたくしは、「中」にしておいた。
でも昨夜は、この温度では暑過ぎたようだ。
猫は、布団の中でうなされ、一晩中、「うぅ~」と言ったり、身体をピクピク震わせて寝ていた。
あまりにも苦しそうなので揺り起こすと怒るし、暑過ぎるのではないかと布団から出すと怒るし、入れてあげるとまたうなされるしで、すんごいうるさい。
こんな猫でも、一緒に暮らしていると情が移って、かわいいのよ~。
猫バカでございます (;^_^A

それにしても少々寝不足気味。
今日から、温度設定は低にするわ…。

うちの猫の認識力で「いっぱい」とは、山盛りのこと。
小さい器に山盛りの餌と大きいボールに半分の餌では、大きいボールに入っている方が絶対量は多いのに、そこらへんのことはわからないみたい。
とにかく「器に山盛り」と「食べている時に器から外にこぼれ落ちるほど入ってる」というところで、いっぱいかそうじゃないかを判断しているフシがある。
猫の脳味噌って、不思議だ。

最近、うさぎの本宅宛に、クレズHのウィルス添付メールが頻繁に来る。
ネットで感染者特定の方法をいろいろと調べた結果、ウィスル添付メールのプロパティを調べ上げるという方法で「この人のPCが感染しているのではないか」と思うメアドが特定できた。
まったく知らない人なので、本人に連絡するべきか悩む。
どうしようかな~。

夜、水戸黄門スペシャルを見た。
このシリーズを見るのは、すごい久しぶり。
以前、由美かおるは「お銀」という役で出ていたと思うんだけれど、今は「おえん」って呼ばれてる。
なんで???
  1. 2003/12/15(月) 23:30:00|
  2. ねこ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

猫のコトバ

明日はクリスマスイブ。
今年も残りわずかですね~。

クリスマスプレゼントとして、猫にミャウリンガルを買った。
今まで、いったいどんなことを言っていたのか、興味津々でございます。

寝起きの第一声は、「イケネコ紹介して」
朝っぱらからですか…。

天敵の掃除機がそばにきた時の鳴き声は「ピ、ピンチ!」

さらに近づけて怒らせた時は「あなた、ひっかくよ」

うちの猫にはMの気があり、身体を叩くと嫌そうに鳴くのに、やめると「もっと叩け」みたいなそぶりを見せる。
その時の鳴き声を翻訳したら「チューして」なのには恐れ入った。
やっぱりMだった (;^_^A

なかなか笑わせてもらいました (^o^)

バーチャル五十三次は吉原手前に到達。
外出すると、てきめんに熱っぽくなり、身体がだるい。
左鼠蹊部も相変わらず。
なんやかんや言っても、仕事はできるし、自分のことも自分でできるので、よしといたしましょう。
  1. 2003/12/23(火) 23:30:00|
  2. ねこ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
前のページ 次のページ