子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

5月の覚え書き

33日間の入院生活を終え、5月中旬に退院した。
退院当日は、病院から家までの30分位のドライブで疲れてしまい、家に着いてすぐに昼寝。
今日は夫がいるからいいけれど、明日からは、昼間は一人で過ごすことになる。
食事は自分で作るか、隣のコンビニへ買いに行くか。
両方できなければ、夫が帰って来て何か作ってくれるまで、食べないで寝ているしかないだろう。

次の日から当分、まともな食事は夜だけとなった。
自分で作ろうとも思ったが、長い時間立っていられない。
30分も動くとくたびれてしまい、3時間寝るといった状態。
お湯を沸かすのが精一杯だ。
お腹が空いたら、買い置きしてある菓子パンをかじってしのぐ。
実家のある人はいいな、と思った。

傷が痛く、筋力も落ちている。
床に座ってしまうと、その状態からは立ち上がれない。
柱にしがみついて立ち上がるか、人に引っ張ってもらわないとダメ。
しゃがむ姿勢も、お腹を圧迫するので痛くてダメ。
和式トイレだったら、痛くて使えないだろうと思った。
うつ伏せで寝ることもダメ。
寝ていたら、飼い猫がお腹の上に飛び乗って来て、傷の部分に着地した。痛くて声も出なかった。

腹筋が低下しているせいで、腰に負担がかかっているらしく、腰痛がひどい。
歩くと、その振動で傷が痛くなるので、知らず知らずのうちにすり足となる。

5月いっぱいは、ほとんどの時間を「病人」として過ごす。
スポンサーサイト
  1. 2000/05/31(水) 23:30:00|
  2. 体調|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。