FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

それは家族の問題

今日は、チャットルームを開いた。
子宮がん患者として、患者にしかわからない部分の情報提供は、ある程度できているのではないかと思う。
「こういう検査をすると言われたけど、痛かったか?」とか「術後、ここが痛いんだけど、みんなもそう?」とか、そんな感じの話は経験者、つまり患者にしかわからないことだからね~。

ぴょんぴょんがすっごく困り、たまに腹立つのが、「こういう症状があるのですが、私はがんでしょうか?」というタイプの質問をする「健康人」。
そんなの、ぴょんぴょんにはわかりません。
チャット「うさぎの本宅」は、子宮がんと診断された患者さん、前がん状態と診断された方のための情報交換チャットだし、ぴょんぴょんは医療従事者ではないので、がんかどうかの診断をする知識も権限も持ってないもん。
そういうのはね、お医者さんの仕事です。
ま、本物のお医者さんでも、チャットでは診断なんてできないんだけどね。

時々、がんじゃないけど子宮の病気になり、子宮を取った人が「自分は本当はがんだったんじゃないか?」と聞きに来ることがある。
これも、すっごく困る。
多くの場合は、ああ勘違い。
中には、がんノイローゼっぽい人もいる。
時々、話の内容から「この人は、本当にがんだったみたいだなぁ」って感じることもあるけど、もしそうだったとしても、家族がお医者さんと相談して、本人には「がんだ」と言わないことを選んだのなら、部外者のぴょんぴょんに何ができる? 何が言える?
ぴょんぴょんに問いかけられても、重い~。
んでもって、はっきり言えば迷惑です。腹の探り合いみたいで疲れるわ。
家族が隠すことを選んだのに、「あなたは、がんだったみたいですよ」なんて、ぴょんぴょんに言う権利がある?
そういうのは、家族内で解決してください。

本当のことが知りたいのなら、家族に聞いてね。
家族の言うことが信じられないのなら、お医者さんに聞いてね。
お医者さんの言うことが信じられないのなら、カルテを開示してもらってね。
とにかく、ぴょんぴょんに聞いても時間のムダです。
答えられないもん。
スポンサーサイト



  1. 2001/08/10(金) 23:30:00|
  2. サイト管理者の憂鬱|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)