FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

外科の診察

今日は、家の近くの総合病院の外科へ行って来た。
事情を知らない人のためにちょっと説明しておくと…。

ぴょんぴょんは、なぎさ病院の婦人科でがんの手術をした。
術後、がんに対しての後治療はせず、定期的な検診だけを続けている。
子宮と卵巣を取り、リンパ郭清をしたことによって、現在も足(特に鼠蹊部)と下腹部に痛みがある。
左の首にはぐりぐりもあるわけ。
婦人科の医師にも再三訴えたのだけれど、がんの治療はしても、手術の後遺症についてはケアする気がないようなので、私は、後遺症対策として別の病院の外科を受診している。

今年の春、初めて別の病院の外科で受診した結果、右卵巣があった部分に、3cm大のリンパ嚢腫らしきものがあることが分かった。
今日は、それが変化していないかを確認するための通院でした。
嚢腫は大きさに変化なしで、また半年後に診てもらうことになった。

首のぐりぐりも触診してもらった。
今までにも、Drには見せているのだけれど、いつも「あ、これは平気だから」と言われてたのよね…。
Dr側は「平気」でも、ぴょんぴょんとしては「平気な根拠」が知りたいわけ。
今回は、心配ないということを自分に納得させるためにも、超音波を撮ってもらおうと思っていた。
ぴょんぴょんが首のぐりぐりを気にする詳細は、明日の日記に書きま~す。

とにかく先生に、「首のぐりぐりがどうしても気になる」と切り出したところ、触診して、「リンパが腫れています。でも、がんとは関係ありません。こんなのかわいいもんだヨ。エコー撮ってもいいけど、撮るまでもないなぁ」と言われ、やっぱり平気なんだって納得しちゃった。
先生は、甲状腺も、腋の下のリンパも触診して、「異状ないから」と言ってくれた。

向こうがこちらをどう思ってるのかは知らないけど、ぴょんぴょんは、お医者さんとして、今度の外科の先生が好きだ。
いいことも悪いことも、全部教えてくれ、こちらが気になる症状・検査データに関して、ちゃんと解説してくれるから。
こちらも「何もわかりませ~ん」と言うのではなくて、「この状態は、こういうことが考えられるのではないか。それを心配しています」と理論立てて説明できるよう、簡単な医学用語も含めてちゃんと予習して行くのだけどね。

今日、このHPが30000ヒットしました。
みなさん、ありがとうございました。 m(_ _)m
スポンサーサイト



  1. 2001/09/06(木) 23:30:00|
  2. 【重要】受診の参考に|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)