FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

お薬変更

病院から貰った風邪薬はなくなったし、全然よくならないので、今日も内科を受診。
先生は、初めて会う人だった。

土曜日の深夜に咳が出始めてからもう1週間あまり。
薬はちゃんと飲んでいるのに、ほとんど軽快しないので、薬を変えることになった。
胸のレントゲンも撮った。

Dr「レントゲンで見る限り、胸はきれいです」

ぴ「メタ(転移)もありませんね?」

Dr「え? メタって、転移のこと?」
ぴ「そうです。私はがんです」

Dr「あ、カルテに書いてあるね。若いのにねぇ…。転移らしきものは見えませんよ」

異常はないって教えてもらえるのはいいことだ~。
咳止めとして出されているリン酸コデインの飲み方についても相談した。

ぴ「今は、毎食後1包ずつ、1日に3回服用しています。少しは効くみたいですが、特効があるとは思えません。昼間は飲むのをやめて、就寝前に2包飲むのではダメですか? 寝てから咳が出ると、自分も起きてしまうし、家族も起きてしまいます」

Dr「その飲み方でもいいですよ」

ぴ「コデイン2包と睡眠薬を併用しても大丈夫ですか?」

Dr「問題ないと思います」

ぴ「呼吸抑制されて、朝、息が止まっていたなんてことになったら困ります。本当に大丈夫なんですよね?!」

Drは、薬の辞典を見たり、薬局に問い合わせて、薬の1日摂取上限量を調べてくれた。
結果、問題なしとわかった。
この先生は誠意がある。気に入った。

今月、なぎさ病院でがんの術後検診があるのだが、いつも胸のレントゲンを撮ることを思い出し、今日撮ったレントゲンフィルムを貸し出してもらえるかどうかも確認。
貸してもらえるんだって。ラッキー!
言ってみるもんだね~。
お金も節約できるし、無駄な被曝も防げる。
両方ともたいしたことではないのかもしれないけど、「塵も積もれば」と言うし…。

今回のお薬は、風邪ではなく、アレルギーによる咳をターゲットにしたもののようだ。

メジコン2錠 朝・昼・晩 食後
セルテクト1錠 朝・晩 食後
麦門冬湯1包 朝・昼・晩 食前

ベンザリン1錠とリン酸コデイン2包は、就寝前に随意で服用。
大建中湯も随意で服用。

リン酸コデインは咳止めに効くが、下痢止めの効果もあるので、下剤の量を増やし、水分もばしばし取る。

薬でお腹いっぱいになりそうだぁ。
でも、体重は減らない。(ToT)
スポンサーサイト



  1. 2001/11/15(木) 23:30:00|
  2. 体調|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)