子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

はぃぃ?

今日は、かなり機嫌が悪い。
それはなぜか。

3ヶ月に一度、定期的にがんの術後検診を受けなければならないので、今日、なぎさ病院へ予約の電話をした。
パンダ先生は人気があるらしく、予約がいっぱいで7月からの予約しか取れないって言われたのよね。
ついでに、7月の予約は来週から受け付けるので、また電話くれってさ。

3ヶ月に一度検診をしろと言い、検診の予約をしたいと言うと、予約は取れないと言われる。
じゃあ、いきなり行ったら診てもらえますか、すごく待ってもいいんです、別の先生でもいいんです、と言ったら、予約がないと診られません、できれば同じ先生にかかってくださいみたいなことを言われた。
これって、どういうことなの?
どうしろって言うの?
具合悪くなっても診てもらえないんじゃないかと心配になってきた。

この前検診を受けたのは12月だったから、向こうの言う通り7月まで待っていたら、検診間隔は半年以上も開いてしまうじゃないですか!

病院には病院の都合があるでしょう。
それはわかる。
でも、病院の都合で検診を受けられず、再発や転移の不安を持ち続けたくないので、今回は他の病院で検診するわ。
とはいえ、今までの経験から、初めての病院で診てもらう時、特に今回はがんの検診なので、かなりいやがられそうな予感。
「オペした病院にかかってください」って言われちゃうかもなぁ。
それができないので、新しい病院へ行ってる訳で、いろいろと考えると気が重いぞ。
ま、根性入れて交渉するしかないな~。

来週、なぎさ病院に電話して、7月の予約が取れたら、7月はそちらに行って差し上げましょう。
「ありがたく思うように」と言ってやりたい。

なぎさ病院は、「ぴょんぴょん様」とか「患者様」って呼んでくれるけど、様づけで呼んでくれなくてもいいから、3ヵ月児毎に検診受けさせてよね。

バカバカしくて、やってらんない。
ぴょんぴょんは、ぴょんぴょんの道を行くぞ!
スポンサーサイト
  1. 2002/03/29(金) 23:30:00|
  2. 【重要】受診の参考に|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。