FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

一周忌法要

今日は、去年の5月に亡くなった義母の一周忌法要。
お寺でお経を上げてもらった後、近くの料理屋に移動して親族で会食した。
義母がいなくなった当初は、すべて義母任せにして生きてきた義父がこれからどうするのか本当に心配だっだ。
義父自身途方に暮れていたようだったし、がっくりした様子がありありと見て取れた。

義父は自暴自棄になりかけ、飼っていたペットの犬の面倒をみるのもいやになったらしく「保健所に連れて行く」と言い出し、「お父さん、保健所に連れて行くのはいつでもできます。でも、一度連れて行ったら、安楽死させてしまったらもう生き返らないんですよ。今はそう思っても、後々悔やむかもしれない。もう少し気持ちが落ち着いてから、それでも飼えないと思うならその時に連れて行きましょう」と、慌てて止めたこともあったっけ。
その犬は、今では義父のいい散歩相手になっている。

今月は、私の術後3年にもあたる月だ。
麻酔という医療手技が確立していなかったら手術なんてできなかったわけで、もしも私が数十年前、百年前にがんになっていたら、今ごろはお墓の中に入っていたんだろうな…。
スポンサーサイト



  1. 2003/04/20(日) 23:30:00|
  2. 嫁業・娘業|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)