FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

………

体調急降下一直線。
だるいし、すっごい気持ち悪いし。
吐かないだけラッキー♪

このままだと、長い間リカバリーできなくなりそう。
ってことで、しばらく病人モードに入ります。
スポンサーサイト



  1. 2003/10/07(火) 23:30:00|
  2. 体調|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

いにしえの言葉

おぼしきこと言はぬは腹ふくるるわざ……徒然草
(思ったことを言わないでいるとお腹が張るような感じがする)

物言はぬは腹ふくるるわざ……大鏡
(言いたいことも言えないでいるとお腹が張って苦しくなる)

6月末から7月にかけて、黄体ホルモン治療専用掲示板でわたくしを激怒させ、閲覧者を動揺させ、事態を収拾するにあたって大変な思いをさせてくれた患者さんに実は別ハンドルがあり、そちらの名前でも「うさぎの本宅」に出ていたことが本日判明。

今回も質問を書き込んでいたけれど、ずーっと前にうさぎの本宅掲示板にもご本人から同様の質問があり、すでにお答えしている。
その時、ご本人にとって満足いく回答が出てこなかったので、また(?)書いてきたのかもしれないけれど、患者サイトでできることって限りがある。

もしかして、わたくしの人格を試される場面なのかしらと思うけれど、2ハンドルと以前の事件があるので、わたくしの寛容度はもう限界でございます。

削除 !

なんなんだよ…。
(ノ-_-)ノ ~┻━┻

今まで、掲示板がらみではいろいろなことがあった。
うちのサイト内で起きたことに関してはホストという立場もあって、「投稿者の気持ちはわかる」「告知されたばかりで混乱しているのだろう」「体調が悪くて周囲のことにまで気が回らないのだろう」と好意的解釈に努め、自分自身のいらだちをぐっとこらえること、たぶん数百回。

投稿者があっけらかんと傷つけている一部の閲覧者が怒り出しはしないかと、ハラハラすることしきり。

ケンカになりそうな時には、割って入ったりもして…。

他の患者サイトでは、病状が厳しい管理人さんをさらに疲弊させる思いやりのない行動や、他閲覧者のことをまったく考えていないようなアホい言動をする一部の患者さんを見て情けなく思ったり、「こんな人と【がん患者】という同じひとくくりにされたらたまらない…」と心の中で大いに憤慨してみたり。

とりあえず、「いろいろな状態、ケースの人が読んでいる」ってことを忘れずに、「これ書いたら、読んだ人はどう思うか」って考えて書いてちょ。
それでも、万人を傷つけない、まったく問題が起きないってことは不可能だろうけれど、少なくとも今よりは良くなるでしょ、きっと。
  1. 2003/10/07(火) 23:30:00|
  2. サイト管理者の憂鬱|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)