FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

痛風

夫がこそこそとロキソニンを飲み、足の親指に湿布薬を貼っている。
痛風発作の前兆を感じているらしい。
ここのところ毎晩のように付き合い(?)で午前さまだったので、わたくしは夫に発作が出ても別にびっくりしないけど…。

酒を飲むなとは言わないけれど、週に2日は休肝日を設けたら?というわたくしの忠告を聞き流し、飲みたいだけ飲んで、食べたいものを食べたいだけ食べているのだから、もうほっとく。
食べるものに関しては、量が少なかったり気に入らないと、自分で好きな物を作って食べているんだから、わたくしにはコントロールのしようもない。

夜、夫に申し渡した。

ぴ「最後の警告として言っておきます。痛いなら、明日朝一で坂の上病院へ行って尿酸値を測ったり診察してもらっておけば? 実際に行くか行かないかはあなたが決めることだけれど、行かないで悪化したら自分が悪いんですからね。今、受診の警告はしました。言いましたよ。よろしいですね?」

夫「はい、聞きました」

もしも受診しないで悪化しても、「痛い」なんて言わせないからねっ!

夫関係者に告ぐ。
しばらく飲ませないでください!

ホントに発作が出たら、夜中、寝ている時に足を蹴飛ばしてやろうかな…。
スポンサーサイト



  1. 2003/11/28(金) 23:30:00|
  2. 夫婦|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)