FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

ひどいよ~

ここ数日、友人二人が怒りの日記を書いていた。
わたくしも便乗して書いちゃう。
沸点超過して、もうブッちぎれちゃったんだもんね。

わたくしの怒りは…。

クロスポスト的なもの、まじでカンベンして。
その場の雰囲気を読んで。
愚痴に返事しなくちゃならない管理人の辛さを考えて!
いっぱい来るんだよ~。
がるっがるっ。

というようなことを、師匠にぴぃぴぃ言っちゃったわたくしも、まだ修業が足りない。
仕事でもないのに、好んで愚痴聞きたい人なんていないよね m(_ _)m

病気関連の話は答えるのにすごく気を遣う。
複数のサイトにクロスポストされて、複数の管理人が気も神経もつかって、同じ話にレスしてるのかと思うと、なんだかな~。
わたくしと同じように、あちらの管理人さんもかなり悩み、気を遣い、時間をかけてレスしているんだろう。

患者が患者を疲れさせてどうするの?

クロスポストを見つけちゃった日には、自分の費やした時間と労力は何だったのかとガックリする時もあるし、クロスポスト先サイトの管理人さんとの調整も大変。
わたくし自身に何らかの落ち度があったのならともかく、サイトのゲストの言動でどうしてこんなにいろいろなところへ謝りに行ったり、相談したりしなくちゃならないの? と思う時さえある。
ご本人はわかっていないと思うけれど、丸く収めるために、管理人はあっちにもこっちにも気を遣ってヘロヘロですわ。

病気サイトの管理人が運営に疲弊して、サイトや掲示板を閉鎖して行く原因の一端は、こういうところにあると確実に言える。
わたくしがサイトを開設した時にあった老舗サイトさんで、今も昔通り活動しているところって、少ないもの。
患者サイトが減っていったら、一番困るのは患者さん本人なんだと思う。
自分で自分の首を締めるようなマネは止めましょうよ。

患者サイトでは解決できない問題を投げかけられ、何度も繰り返される同じ質問にイライラしながら「でも、この人も大変なんだろう」と自分を諌めて、わかるものには回答し、いろいろな患者さんから聞きたくもない愚痴を聞かされて、多くの病気サイト管理人が疲れているっぽ。
こういうことが続くと、新しいサイトが出てきてもなかなか続かないし、真摯に運営すればするほど辛いことばかりになって、嫌気がさす管理人さんも出てくる。

患者サイトはタダだから、とりあえず書いちゃえ、聞いちゃえ、自分だけはすっきりしちゃえっていう姿勢はいただけません。

どうしてもすっきりしたいなら、ちゃんとお金払って診察受けるなり、カウンセリング受けて愚痴聞いてもらうとかの、その道のプロのところに行ったほうがいいです。
というか、行くべき。

さて、わたくしは、自らの費やした膨大な時間が無駄になったことに思いを馳せ、わたくしなりにかなり神経すり減らした気遣いがまったく伝わらなかった自分自身の未熟さを反省しつつ、どうやって気分を通常に保とうか考えよう。

つまり、今は思いっきり怒ってるし、気分悪いってことなんだけど、それを人に転嫁するわけには行かないっしょ。
スポンサーサイト



  1. 2004/01/13(火) 23:30:00|
  2. サイト管理者の憂鬱|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)