FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

患者様の怒りを知れ!

来週の月曜日、坂の上病院から紹介された病院へ初めて行き、骨シンチを撮る。
坂の上病院からわたくしに渡された指示書には、病院の地図と、注射を打つ時間と検査の時間と、「予約の15分前までに来て下さい」と書かれてあった。

この説明だけで納得できる患者っているのだろうか。
骨シンチを初めて受ける患者だったら、ハテナ続出だと思う。
わたくしが以前、別の病院でシンチした時は、食事についての制限は全くなかった。だからと言って、今回も同じとは限らないだろう。
検査部位や検査機器の変化で、検査前の注意が変わることもある。
坂の上病院で検査前の注意事項について質問したら、「実際に検査する病院へ問い合わせてください」とのことだったので、その病院へ電話して聞いた。

えらい感じ悪かった。

ぴ「来週の月曜、そちらで全身の骨シンチを撮る予定になっているぴょんぴょんと申します。坂の上病院から紹介されたのですが、もらった指示書には食事のことが何も書かれていませんでした。確認させていただきたいのでお電話差し上げました」

係「朝食はう~ん。軽くなら食べていいです」

ぴ「注射してから検査まで3時間ちょっとありますが、その間、病院にいなくてもいいのですよね?」

係「検査の時間までに戻って来てくれればいいです」

ぴ「それから、注射した後の飲食はいいのですか?」

係「う~ん、あんまり…。軽くだったらいいです」

ぴ「検査料、いくらぐらいかかりますか? 安くないと思うので、お金を用意して行きたいのです」

係「今回の検査料は、この病院ではかかりません。坂の上病院に請求します」

ぴ「では、坂の上病院から私に請求されるので、月曜の支払いはないということですね?」

係「そうです」

ぴ「わかりました。では、検査前の絶食はなしで、当日の支払いはないということですね?」

ここで、いきなり相手がキレちゃった。

係「検査前に食べちゃいけなかったら、渡された紙に『食べちゃいけない』って書いてありますよ。書いてないなら食べていいんですっ!」

おいおい。
さっきは、ほんとは食べて欲しくなそうな雰囲気で、「軽食なら食べていい」っていったじゃん!
それに、検査前の飲食は、だいたいの患者が疑問を持つ部分なんだから「食事は食べていいです」って書いときゃいいでしょ。
って言うか、書いとくべき。
そうすれば、こんな問い合わせ、発生しないんだから。
でしょ?

わたくしがすべてを再確認したのも気に入らないみたいだけれど、
ダブルチェックは基本でしょ。
もしかして、おたくの病院ではやっていないの?

今回は骨シンチだから、食事するしないで大した違いはないだろうけれど、ちゃんと確認しなかったことが
医療ミスにつながったりするんですっ!

わたくしは、あなたが殺人者になるのを防いであげたかもしれないので、キレるんじゃなくて、感謝してもらってもいいくらいだと思いますけど?

病院の理念は「明るく、親切に」、運営の基本方針は「患者様の人権を尊重し、説明と納得の上に立った優しく心のこもった医療の提供に努めます。うんたらかんたら」だそうだけど、聞いて呆れる。

どこが親切?
どこが説明と納得?

緩和ケア病棟のある病院だったので、いざと言う時の選択肢の一つに考えていたけれど、ここはリストから外す。
死ぬ時までこの調子でやられたら、たまらんわ。
この病院は、病院じゃなくて「ただの検査施設」と考えよう。
そうでも思わないと腹が立ち過ぎる、怖すぎる。

あなたの病院が「患者様」と慇懃無礼に呼ぶ人々が、どういうところに疑問を持つか、怒るか、ちょっとは考えれ。
想像力がなさ過ぎるよ。

嗚呼、ぴょんぴょん、罵倒観音と化す…。
スポンサーサイト



  1. 2004/03/05(金) 23:30:00|
  2. がん患者として思うこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)