FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

やっと気づいていただけましたか…

今日も、足の調子はイマイチ。
でも腫れてはいないので、ちょっとお散歩に行った。

ほとんどの桜はもう十二分咲き、つまり散り始め。
う~ん、残念。
ちょっと日あたりの悪い場所の木は満開だった。
きれいでしゅ。

道端のアスファルト舗装が取れて土が剥き出しになったところに、スミレが咲いていた。
種で増える植物は、花が咲いた後そこに種ができるけれど、スミレは結実しない。
初夏に、閉鎖花とかいう種だけが入った茶色い茎のようなものがにゅーっと伸びてくるのだ。
わたくしは、祖母が庭にスミレを植えた中学生の時、そのことを知った。
なぜ花と種が別々に出るのか詳しいことは知らないけれど、「スミレの花は可愛いし、匂いのいい種類もあるので摘まれる事が多い。摘まれたら種を作れないので、別の時期に種を出しているのではないか」という説を見たことがある。
ちっちゃいスミレも、いろいろと考えているんだなと、妙に感動した。
見られるためだけに、摘まれるだけに咲く花もあるんですね~。

バーチャル五十三次は四日市を通過。
京までは、あと103キロぐらい。
いつ着くかな?

夜、「がんで死なない7か条」という番組をやっていた。
わたくしにとっては「そんなん当たり前じゃん」という部分が多かったけれど、一般人は「おお~!」と思う内容なのかもしれない。

夫は、前立腺癌の説明を見て、なにやら心配し始めた。
わたくしは去年、夫自身がわたくしに話した検査結果を聞いて「それって??」と疑問を感じ、再検査を勧めている。
わたくしが疑問を感じた部分の重大性を今になって気づくなんて…。

反応が遅すぎ!

自分のことなのにと、呆れてしまいましたわ。
スポンサーサイト



  1. 2004/04/06(火) 23:30:00|
  2. 夫婦|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)