FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

………

昨日のサイト来訪者は1004人。
今日は1014人。
ここのところ、1日に600~800名ほどだったのに、いきなりなぜ?

まだ、だるだるだけれど、今日は美容院に行った。
「なんちゃって膠原病」が発覚してから約1年。
わたくし自身はかな~り不快な体調であるけれど、この状態では死んだり、ぶっ倒れたりしなさそうという学習効果もついてきたので、まぁやるだけやってみましょう。
人間、死なない限りは生きている。いろいろな意味で。

美容師さんがわたくしのパサパサ耳たぶを見て、「ここ、痛いですか?」と聞く。
パーマ液が染みたりするのを気にしているのかと思い、「ごめんね、見た目が気持ち悪いかもしれないですね。これ、かぶれじゃなくて病気なの。でも感染する病気じゃないから。痛くもないから普通にやって」と言ったら、「あら~、大変ですね」と。
話のついでに「膠原病って病気なのよ」と言ったら、美容師さんは黙ってしまった。
何か誤解を与えるようなことを言ったのかと心配していたら、彼女が耳元で「私もなんです」と言うじゃありませんか!

彼女は全身性エリテマトーデスで内臓疾患が出て、入院したこともあるそうだ。
ステロイド剤をもう何年も使っていると言うけど、ムーンフェイスも、肌の荒れもない。見た目では全然わからない。
薬量などのコントロールがうまく行っているらしい。
病気のことは職場に隠しているので、医療費補助が受けられる特定疾患の認定を申請していないのだそうだ。
そっかぁ、それもきついよね…。

夫と夕食を食べていたら、ヤツが「中国で食べたうんたらかんたらはうまかった」と言い出した。
むっかぁぁ!

ぴ「料理している時、『この沸き立ったお湯をあなたの頭からぶっかけてやりたい』とか、『この煮えたぎった天ぷら油を鍋ごと投げつけてやりたい』って思う時がある」

夫「ああ、そう思うことは大切だよ」

何が?!
スポンサーサイト



  1. 2004/05/19(水) 23:30:00|
  2. なんちゃって膠原病|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)