FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

胃内視鏡

終わった~。

朝1で坂の上病院へ行き、内視鏡室へ。
まず、胃の中の泡を取る水薬を飲まされた。
通常は、その後でキシロカインゼリーを口に含み、飲み下して喉に麻酔をかける。
わたくしは、今までの苦い経験から、ナースに「キシロカインスプレーも使って欲しい」と申し出て、キシロカインスプレー → キシロカインゼリー →キシロカインスプレー と、念入りに麻酔してもらった。
次に、胃の動きを止めるためにブスコパンを注射。

Drが登場し、すぐに検査をはじめるのかと思ったら、問診された。
わたくしの内科主治医から「今日の患者は反射強いよ」と聞いていたらしく、寝る麻酔を使いたいそうだ。
え、じゃあ入院?と思ったら、ホリゾンを使いたいと。
ホリゾンとセルシンは同じ薬ですよね?
それって、「寝る麻酔」って言うのかいな?
わたくしは前回、セルシンを使ってやってみたけれど、注射が痛かっただけで効かず、嘔吐反射出まくりで検査を途中で中止してる。
「そこんとこ、どうなんですか?」と聞いたら、「じゃあ、別の薬にするかなぁ」と。

カルテを見ながらいろいろと質問された。

Dr「内視鏡、なんでぴょんぴょんさんの主治医がやらないんだろう? あの先生、うまいのに」

ええ~!?

ぴ「前回、オエオエで最後までできなかったので、わたくしが主治医に『あなたではイヤだ』と言ったんです。『一番うまい先生に頼んで』と言ったんです。先生は、私の主治医の推薦なんですよ♪」

Dr、苦笑。

Dr「前回の検査ではセルシン使ったの? カルテには何も書いていなんだけれど」

ぴ「1本打ちました」

Dr「どのくらいの量? って聞いてもわからないか」

そうですね。
記録がないのはそちらの不備であって、わたくしの管轄じゃございません。

Dr「ハルシオンで呼吸困難起こしたことあるんだね」

ぴ「はい」

Dr「どうなりましたか?」

ぴ「息は吐けるのですが、吸おうとしても喉が狭くなっているようで吸えなくなりました。20年くらい前の話ですが」

Dr「ふむ、喘息はないですね?」

去年の夏に、いきなりめまいを起こして気分が悪くなり、気持ち悪くてはぁはぁしていたら過換気になっちゃった時の記載を見て、

Dr「メイロンも使ってるのか…」

ぴ「ああ、めまい起こした時ですね」

Dr「他に、薬で具合悪くなったことは?」

メイロンでは具合悪くなっていないのですが…。
具合悪くなったので、メイロン使ったんです。順番が逆ですよ。
な~んかヤな感じ。どうも風向きが怪しいなぁ。

呼吸抑制を起こしそうな薬のアレルギーについて、かなり神経質に質問されたので、セルシンは効かなかった、デパスは1錠で1日半ノビちゃったと言ったらば、

Dr「ノビちゃったって、どうなったの?」

ぴ「寝たまま、身体が起こせなくなりました」

Dr「お酒、飲みますか?」

ぴ「はい」

Dr「じゃあ、セルシン効かないかもね」

わたくしが、いろいろな薬で副作用出ちゃったり、アレルギーがあったり、効き目が出ないのがかなり気に入らないご様子。
あのね、好きでそうなってるわけじゃないの。
体質もあるでしょ。
それは、自分ではコントロールできませんよ。

ついでに、それらすべての薬は、病院で診察を受けて処方されたのにも関らず、わたくしには合わなかったの。
そういうのって、わたくしが悪いのかいっ?

Dr「精神的な病気ありますか?」

はぁぁ?

ぴ「精神科を受診したことはありますが、病気の診断が出たことはありません

あなたは、わたくしに何かの病名を進呈したいわけ?
わけわかんね~。

結局、今回はホリゾンを静脈注射することになり、点滴が入れられた。
血中酸素濃度を測るサーチュレーションもつけられた。
前回はセルシンを筋肉注射して、えらく痛かったけれど、今回は点滴から入れたので、そんなに痛くはなかった。
でもやっぱり、薬を入れた時は「おお、今はここに薬が来てるぅ」って感じで血管痛がしましたが。
セルシンやホリゾンは、薬そのものが痛いんですね。

さてさて、その後は超嬉しいことに、あまり反射も出なくて検査終了。
やっぱり寝ちゃうところまでは行かなかったけれど、今までやった胃カメラの中では一番ラクだった。

ラッキ~。

反射出まくりだと、それ自体も苦しいけれど、逆流する胃液で食道が荒れちゃうらしく、いつも検査後2日くらい喉から胸にかけて痛かった。
ものを飲み込むのも苦痛で…。
今回はそれもあまりない。
ありがたや、ありがたや。

検査が終わって「もう帰っていいですか?」と聞いたら、「だめ。処置室で少し休んで行って」と言われた。
処置室で横になっていたら、いきなり眠気到来。
わたくしって、後から効いてくるタイプなのかも…。
1時間ほど寝て、帰宅。

今回のDr、感じは悪いけれど、手技はうまいじょ。
この人は職人さんタイプと見た。
薬の使い方もうまいんでしょうね。
この薬の使い方をしてくれるなら、次から内科の主治医にやらせてあげてもいいかも。

家に帰ってきてから、普通に動けると思いきや、ちょっと違った。
シャキシャキ動くことはできる。
でも、いきなり眠くなる。
それの繰り返し。
なんだ、これ?
今日はあまり使い物になりそうにないけれど、胃カメラがラクだったから、まぁいいか。

今日の内視鏡室で会ったおばあちゃまは、キシロカインスプレーを1回噴霧したのみで、特に苦しそうでもなく、スムーズに検査が終わっていた。
多くのDrが「若いと、比較的反射が強い」と言う。
反射の強いわたくしは「若いのね♪」とひとりこっそり喜んでみる。
でも、あんまりうれしくない。全然嬉しくないぞ (ToT)
スポンサーサイト



  1. 2004/06/29(火) 23:30:00|
  2. がん再発?|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)