FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

病院って、「そんなもん」?

昨日の昼間は、やっぱりどこかボーッとしていたらしく、夜になってからシャキッとしてきた。

そして、胃カメラ前の問診の一部にだんだん腹が立ってきた。
薬を使うので、Drや看護士さんにいろいろと質問されたわけです。

看「緑内障や、心臓の病気はありますか?」

ぴ「ありません」

胃の動きを押さえるためにブスコパンを使うので、この質問は妥当だと思う。
男性だと「前立腺の病気はありますか?」という質問が追加されるはず。
わたくしは女性に分類されるので、前立腺うんぬんについては聞かれない。
と言うか、もしも聞かれた場合は「はぁ?」ですよね~。

わたくしがブッ飛んだ質問は、Drが発した。

Dr「お子さん、何人ですか? 妊娠してますか?」

ぴ「子供はいません。子宮がんで子宮摘出しているので、現在、妊娠していません」

子供が何人いるか、という質問は許してあげましょう。
妊娠うんぬんについては、カルテに子宮がんの既往症が書かれているはず。

読めや。

今回の胃カメラは、婦人科でがん再発を疑われた結果行うことになったものである。
わたくしは、子宮がん患者なわけです。
婦人科Drからの「治療歴・再発に関する考察」などの申し送りがカルテに書いてあるのを、わたくしは見た。

あんたも見ろや。

子宮がんで子宮摘出した女性が、その後どうやって妊娠するの?
わたくしにわかるように、そのメカニズムを教えてください。

それから、その手の質問で深く傷つく患者さんは多いので、悪意なく間違えたとしても、言っちゃった後には「失礼しました」と謝ること。
昨日は、謝罪の言葉なかったですよね。

こっちが薬でボーッとしてるんじゃないか思って、ナメてんじゃないぞぉ!
スポンサーサイト



  1. 2004/06/30(水) 23:30:00|
  2. がん再発?|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ぷらぷらとウォーキング

行って来ます。お留守番よろしく。



えっ! いっちゃうの? (ToT)



いい天気です♪



こういう道をてくてく歩く。



ひまわりも元気。

 

土手脇には花がいっぱい!

 

 

 



不法係留はイカンですよね…。

 

川にはアヒルが住んでいます。1羽だけ、ある日突然現れました。夫は「合鴨じゃないか?」と言っています。



雀の水浴び。

 

皆さん、お昼寝中。



今日初めて会った子猫。

 

この子は呼ぶとすぐ来る。「どうぞ、もうバンバン触っちゃって!」という鷹揚な子なので、暫定的に「どうぞ1号」と命名。



「バイバイ」と言っても途中までついて来るので、いつも名残惜しい…。
  1. 2004/06/30(水) 23:30:00|
  2. ねこ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)