FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

う~ん…

夫が知人からお酒をいただき、夕食で飲んだ。

ぴ「これは、なんというお酒?」

夫「にゅうてきだましい」

う~ん。



これは、「いってきにゅうこん」か「にゅうこんいってき」だと思うよ…。

またウイルスメールが多くなってきた。
正確に言うと、ウイルス添付メールが送られてくるのではなく、どなたかの感染PCのアドレス帳にわたくしのメアドが登録されているみたい。
感染PCがいろいろなところへせっせとウイルス添付メールを送り続ける際、送信元としてわたくしのメアドを偽装して使っている。
ウイルスメールを送りつけられた先のウイルス対策システムが、わたくしの方へ「おめーから来たメールにはウィルスが付いてたよ。気をつけろ!」と、アラートメールをくださるのでございますが、わたくしのPCが感染しているわけじゃありせんっ!

アラートメールの送信名から、感染PCの持ち主がどんな人か、おぼろげながら想像がつく。
まず、感染PCのアドレス帳にうさぎの本宅のメアドがあるのは確実なので、患者さんご本人か、患者家族っぽい。
または、患者の本音などを調べている(?)医療関係者か…。
不動産会社からもアラートメールが来るから、そういう仕事をしているか、引越しなどで住居を探している、または過去に探していた。
食材宅配を使っている様子があるので、ご本人は仕事を持っているけれど、一家の主婦的立場でもあるようだ。
家族と住んでいるけれど、姑と同居はしていない。
一人暮らしだったら、たぶん食材宅配は使わないだろうし、仲のいいお姑さんと同居なら食事のサポートが期待できる。
仲が悪かったら、食材宅配を頼んだ日には「あんたは手を抜いてる」とイチャモンつけるかもしれないので、頼まないような気がするし。

今日は、横浜R病院のメンタル相談のサイトから、アラートメールが来た。
仕事が医療関係じゃないとすると、ご本人かご家族が相談先として使っているのかな?
う~ん、あなたもなかなか大変そうですね。

でもっ。
自分の悩みだけじゃなく、わたくしの悩みにもそろそろ気づいていただきたいものです。
あなたは仕事か病気のことで悩みがあるのかもしれないけれど、

わたくしの悩みは、そのものズバリあなたのPCですわ。

ウイルス感染をどうにかしておくれ。
よろしくお願いいたしますよ (ToT)
  1. 2004/07/31(土) 23:30:00|
  2. サイト管理者の憂鬱|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
前のページ