FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

………

昨日、忙しくて猫をかまってやらなかったら、何やらぶうぶう文句をたれていた。
無視。ごめん、ちょっと忙し過ぎ。

今朝見たら、玄関に置かれた夫の靴の中に猫のおもちゃが詰め込まれていた。
ママは見限られてしまったようです (ToT)
夫は今日、出張から帰ってくる予定。
この靴を見たら、彼はどうするだろう?

仕事は相変わらず忙しい (ToT)
たぶん今晩も徹夜でしょう。
鼠蹊部がこれ以上、痛くならないといいのだけれど。

夕方、思ったより早い時間に夫が帰ってきた。
今晩は、タイ風カレーにする予定で下ごしらえまでしていたのに、ヤツは勝手にステーキ肉を買ってきて、「今晩はこれを食べよう」と。
ぴょんぴょん、一気に不機嫌モードへ突入。
殺意すら覚えたのでございます。

そういうことは電話して先に言え!

結果的に無駄となった下ごしらえに費やした、わたくしの時間を返してよ。
サイドメニューなどは全然考えていないお気楽さにも怒り爆発。
栄養バランスとかって言葉、聞いたことはありませんかね。
肉だけ食べていたら、バランス悪いっしょ。

うちの夫婦喧嘩は、ほぼすべてが食べ物に起因する。
さらに、そのほぼすべてはヤツが悪いと、わたくしは思ってる。
いいかげん、学習してくださいよ。

食べたい物を食べて飲みたいだけ飲む。
そんなことやってるから痛風は治らないし、ぶよぶよしてくるんです。
会社でやった健康診断の結果表、見せてみれ!
たぶん今年から、肥満度はプラスになってるはず。

夫「ぴょんぴょんに、出張のお土産あるよ」

ぴ「なに?」

夫「生醤油と、すだち果汁」

ぴ「………」

それは、わたくしへのお土産じゃなくて、自分が欲しかっただけでしょ。
たまには、菓子のひとつも買って来い!
スポンサーサイト



  1. 2004/07/09(金) 23:30:00|
  2. 夫婦|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

がんが再発していたら

「腫瘍マーカーが上がっているから検査」ということは、「がんが再発しているかもしれません」ということ。
もちろん、たまたま上がっていただけで、再発ではない場合もある。
わたくしが腫瘍マーカーの異常でやった大きな検査一式の結果がそろそろ出る。
来週か再来週の頭にでも、病院へ聞きに行かなくちゃ。

外科のDrが見つけた甲状腺の腫れも、血液検査の結果が出る頃だ。
腫瘍マーカーのオーダーも出ていたようだったので、外科のDrは、もしかして甲状腺のガンを疑ってる?

坂の上病院の血液検査はいくつかの項目がセットで、Aセット、Bセット…の中から、Drが選ぶシステム。
定食みたい (;^_^A

血液検査を1つだけの項目でオーダーするってことはあまりないようなので、腫瘍マーカーを調べたかったというより、甲状腺の血液検査セットに腫瘍マーカーがたまたま含まれていたという方が妥当なのかもしれない。
以前、「これとこれも調べてください」と希望したら、セットオーダーに項目追加する操作が大変そうだった。
Drが「こういう時、面倒くさい」とこぼしていたっけ。

さて、結果が出ていない現在、わたくしは、がんが再発しているかもしれない疑惑状態なわけです。
で、もしも再発していたら、何をどうしようか一応考えてみようかと思ったのですが…。

医療保険に入っているので、積極的な根治治療を希望しても費用の心配はなさそう。

根治治療するなら坂の上病院ではなく、がん専門病院で受けたいので、転院はしなくちゃならない。

受ける治療の内容によっては、子宮がんの根治治療を受けたなぎさ病院へ帰ることも考えたい。

坂の上病院は「セカンドオピニオンや転院は患者の希望に従う」という運営理念を掲げているので、揉めることはないだろう。

がん専門病院と、なぎさ病院のどちらにするかの分かれ目は、がん治療可能な、どの病院でもできる治療なら入院設備のいいなぎさ病院、その他の場合はがん専門病院って感じかな。
でも、先方の都合で、転院受け入れまで少し待たなくちゃならないかもしれないですね~。

あ、昔買ったかつら、お姉さんにあげちゃったので、抗がん剤治療を選択したら、かつらだけは買わなくちゃ。

治療を希望しなかった場合、または余命告知されたら、近い将来、わたくしは死ぬことになるだろうけれど、行きたいホスピスは決めてあるので、いざと言う時に「どこにしよう? どうすりゃええの?」状態にはならないだろう。

遺言はすでに正式なものを作成してあり、弁護士が執行人になっている。

葬儀と遺骨の埋葬方法についても、わたくしの希望を述べた書面は作ってある。

遺影は、45歳になったらTの写真室で撮って、以後、何歳で死んでもそれを使おうと思っていた(あは…。ある意味では詐欺?)のでまだ撮ってない。

う~ん。
ほとんど何も考えることがない。
事務的なことは、転院の手続きと、医療保険の手続きと、遺影撮影をすればいいだけっぽい。

一度しっかり決めておくと、こういう時に肉体的にも精神的にもラクチンだと思う。ほんとに。
  1. 2004/07/09(金) 23:30:00|
  2. がん再発?|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)