FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

お子さまごっこ

今日一日だけは、子供で過ごす。
それは、なぜか?
答えは、選挙投票日だから。

鳴っている電話をとる。

女「もしもし、こちらは○○を応援している××と申します。もう選挙には…」

ぴ「もちもち」

女「あら……。お父さんかお母さん、いらっしゃいますか?」

ぴ「もちもちぃ」

女「あ、またお電話します」

ぴ「あい~」

ガチャッ。

選挙の投票依頼(?)をこれでやり過ごすことにする。
もうちょっと大人になって、相手の言うことを柳に風の如く、はいはいと聞き流していればいいのだろうけれど、どうもその域に達せません (;^_^A

だいたい、うちの電話番号は電話帳に載せていないのに、なぜ苗字を知っているのだろう?
個人情報をどうやって入手したか、考えるだけで腹立たしい。
正規に入手したとはどうしても考えられないわけで。

そして、こちらの都合などお構いなしに、自分の都合だけで電話してきて、自分たちの要望を喋りまくるそのずうずうしさが激しくいやだ。
まったく面識ない人の俺様ルールを聞く義理は、こちらにはないわけで。
そこんとこ、まずよろしく。

こっちは、日曜日でも仕事してます。
忙しいのでほっといて。
入れたい人に入れますよ。
ってか、「具合悪い人は、仕事しなくても生活はしっかり保障する日本を作ります!」という政治家がいたら喜んで入れたい気分。
民主主義では、そうも行かないのだろうけれど。
はぁ~。

電話が鳴る。

ぴ「もちもちぃ」

客「あれ…。ぴょんぴょんさん…のお宅ですか? ■■社の△△と申しますが…」

ぴ「あ、はい、ぴょんぴょんです。いつもお世話になっております」

びっくりした~。
時々、こういう失敗は、ある (;^_^A

ちょっとだるくて、ちょっと左鼠蹊部が痛くて、ちょっとお腹が痛くて、ちょっと耳たぶパサパサで…。
みんなちょっとずつなんだけれど、すっきりしない。
暑さに慣れたら軽快するかな?
スポンサーサイト



  1. 2004/07/11(日) 23:30:00|
  2. 体調|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)