FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

連休最終日

今回も、レジャーなし。
夏、年末年始、休日など、世間さまの多くがお休みの時に限って異常に忙しくなる仕事のスケジュールをどうにかしたい。
と願いつつ、いつか引退した後は、今の忙しさを懐かしく思い出したりすることもあるんだろうな。

左鼠蹊部がゴリゴリしていて、かな~りつらい。
両足とも、重だるい。
蜂窩織炎やリンパ浮腫の可能性を考えてはみたけれど、目立った腫れや変色はないし、熱もないので、まぁこんなもんなのかな。
ここ数日、仕事で座りっぱなし。
歩いてないので、筋力の低下もあるんでしょうね。

今月初旬は母の祥月命日。
明日はバカ親父が死んだとされる日。
法事をしろとか、供養しないとまずいんじゃないとか、外野がうるさい。
なにがまずいんだか、よくわかんない。

外野には何度も言っているけれど、わたくしの親は1銭も残さず、と言うか、借金をたっぷり残して死んだので、法事だの供養をやるとしたら、費用はすべてわたくしの持ち出しなわけ。
生きている方々への借金返済が優先されるのは、当たり前の話でしょう。

まったくもって、バカ親父が作ってくれちゃった借金の総額を考えると、いつも機嫌が悪くなる。
時々、150万円の借金を苦に失踪したとか、300万円の負債に悩んで自殺したっていう報道がある。
わたくしの親が残した借金をそれで帳消しにしようと思ったら、わたくしは数十回失踪して、数十回自殺しても足りない。
十数回じゃなくて、数十回なのでございますよ…。
なんだかな~。

で。
法事しろという外野。

うるせ~。ほっといてくれ!

親の作った借金を返して、さらに法事の費用を稼げってか?
いやん。
激しく無理ですね。
こっちがお墓入りになっちゃうよ。

わたくしは、親に「ありがとう」「本当に申し訳ない」と言われこそすれ、法事ができないことで祟られたり、成仏できないと泣きつかれる筋合いはありません。

以前、夫が苦笑しながら「ぴょんぴょん父もぴょんぴょん母も、ぴょんぴょんが怖くて、バケてなんて出てこられないだろうね」と言った。
まったくその通りで、もしも出て来たら、願ったり叶ったりかも。
ギタギタにしてやる!
ボコボコにしたら、わたくしの気持ちも少しはすっきりするかもしれない。
と激しく怒っているので、向こうも本気で怖がっているのか(?)、出て来ません (;^_^A
スポンサーサイト



  1. 2004/07/19(月) 23:30:00|
  2. 嫁業・娘業|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)