FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

「病院へ行くべきですか?」へのお答え

「これって病院へ行くべきですか?」

ここのところ、直メールで上記内容のお問い合わせが増えているので、わたくしなりの考えを書いておこうと思います。

まず、一度も受診せず、「こんな症状があるんですが、がんですか?」「病院へ行った方がいいですか?」というお問い合わせについて。

この手の質問は、はっきり言ってナンセンスです。

すぐに受診すべきであり、見も知らぬいち患者であるわたくしにメールや掲示板で相談する内容とは思われません。
また、医療従事者が運営するサイトで同じ質問をしたとしても、「受診してください」と言われるのがオチです。
サイトで「それは大丈夫ですよ」と軽々しく答えるDrを見たことがないし、診察しないで病気かどうかの判断をしてくれるDrがいたら、そのDrの持つ医師免許の真偽と倫理観を疑いますね、わたくしなら。

出血や痛みなど、検査後の異常について。
「組織診後に出血があり、長引いているけれど、病院へ行こうか迷っています。これって普通ですか?」なども、なんだかな~です。
今まで見てきた例から言うと「受診した結果、大丈夫だった」から、「緊急入院になり、止血の治療をしました」まであるんです。
相談者がそのどれにあたるのか、書いたものからでは判断できませんし、わたくしに判断する能力があるとも思えません。
と書くと、「緊急入院」「止血の治療」にのみ敏感に反応して、「私もそうなのかな、怖い、不安です、ぎゃーぎゃーぎゃーぎゃー」と騒ぐ人がいるのですが、「大丈夫だった」って言われた人もいるってところも、ちゃんと読んでくださいね m(_ _)m

患者サイトで質問する場合には、「受診したら、こういう診断だった」というベースがバリバリ必要です。
そこんとこ、どうぞよろしく。

ちなみに、出血や痛みがあって受診して止血剤や痛み止めを出され、薬を飲み終わっても症状が残っている場合は、もう少し様子を見ようと考えたりせず、すぐに再度受診すべきとわたくしは思います。
「これをこの期間飲んだら症状はなくなるだろう」と考えて処方された薬を飲み終わってもまだ症状があるのは、再度受診するれっきとした理由になると思いますが…。

「気になる症状があるのですが、予約が○○日なので、うんたらかんたら」

予約日まで病院に行けないけど不安。とりあえず体験者の話を聞いて安心したい、ってことなんでしょうけれど、患者サイトや、わたくしに投げかける質問としては不適当です。
予約日前でも病院へ行っちゃってください。
または、病院へ電話してどうすればいいか聞いてください。
そもそも予約日は「何でもなかった場合の診察予定日」と考えるのが適当と思います。

患者の心理として「結果的に何でもないことで受診して、大げさな人って思われたらどうしよう」というのはあると思います。
が、その部分だけは、すこ~し図太くならないとダメです。
何でもないですよって言われて安心するのは患者本人、異常があって大変な思いするのも患者本人ですので。

何でもないか、問題あったかは、受診した結果論でしか語れないのです。
自分の命や、将来のいろいろな可能性を失うかもしれないような無駄な時間の使い方は、とってももったいないと思うのでございますよ。

気になる症状があって受診することを重ねると、自分の中に学習効果が蓄積され、「これは、以前受診して何でもないって言われた症状と同じだから、少し様子を見ても大丈夫かな」など、自分自身である程度の判断ができるようになるんです。

逆を言えば、病院へ行った方がいいのかな?と思う症状があり、自分でどうしていいかわからなかったら、周囲の一般人やインターネットで相談してないで、さっさと受診すべきです。

これは、がん治療後の気になる症状についても同じこと。
わたくしは「お腹痛い」「だるい」などと日記に書いていても下剤の量をちょっと増やしたり、家でただ寝ているだけで受診せず、のんびりしてるように見えるかもしれません。
けれどわたくしには、がん治療後4年以上の受診しまくりの蓄積があるんです。
今でも「これってヘン?」ということは速攻で受診して、Drにジャッジしてもらっています。
そしてわたくしがヘンだと思って受診した結果の蓄積は、わたくしの身体にのみ当てはまることです。

同じ症状があったとして、わたくしは「何でもなかった」けれど、他の人も「何でもない」って保証はどこにもないし、わたくしに「ぴょんぴょんさんと同じ症状だから大丈夫ですよね?」って聞かれても、わかんないよ~ん。
スポンサーサイト



  1. 2005/02/07(月) 23:30:00|
  2. がん患者として思うこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)