FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

夫の危機管理能力

新企画(激汗)として、「倶楽部ほえ~る」を発足してみようと思います。
わたくしの独断と偏見により、気に入らないこと・モノについて吼えさせていただきます m(_ _)m

食事を作っていたら、料理酒がなくなった。
で、買い置きしてある1リットル入りのペットボトルを取り出しキャップを開け、そして、ゾッとした。

ああいう液体のものって、キャップを開けると中にプルトップみたいなのがついてて、それを開けて使うようになってるでしょう?
そのプルトップが、すでに開いていたのでございます。

わたくしには、買ってきてから開けた記憶がない。
値段の安い時に買い置き目的で買ったものなので、わざわざ開封してからストック場所にしまい込む理由もない。
となると、買った時点ですでに開いていたと考えるのが適当で、中に何かを入れられているかもしれないじゃないですか。
どこで買ったかももう忘れちゃったので、開封されていた事例がありましたか?ってお店に問い合わせることもできない。

仕事から帰宅した夫に、念のため聞きました。

ぴ「買い置きしておいた料理酒が開封されていたんだけれど、あなた開けた?」

夫「いや、僕は開けてない」

ぴ「そっか~。じゃ、これは気持ち悪いから捨てちゃうね」

夫「ちょっと舐めて、味を確かめてみたら?」

さ、ぴょんぴょんは吼えますよ。

あんたは、致死量って言葉を知らんのか!?

もしも異物が混入されてて、それが1滴で致死量の濃度だったら、舐めただけで死んじゃうかもしれないでしょう。
内容に疑問のある300円程度の品物を捨てるのを惜しんで死にたくはないんで、ちょっとカンベンしてください。

夫の危機管理能力については、他にも思うところがあります。
彼は車を運転する時、ドアロックをしない。
わたくしは2つの点で、文句を言ったのでございます。

1.走行中にドアが開いたらどうするの?

2.交差点等で止まっている時、悪意のある人がドアを開けて乗り込んで来て、カージャックされるかもしれないって、考えたことある?

夫はのほほんと、「大丈夫でしょう」なんて言ってたけど、その保証はどこにあるのか、と激しく問いたい。
スポンサーサイト



  1. 2005/02/20(日) 23:30:00|
  2. 倶楽部ほえ~る|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)