FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

ささやかでもエールになれば

子宮や卵巣がある限り「私だけは子宮がんや卵巣がんにならない」と言い切れる根拠はどこにもない。
そして、婦人科がんの発症年齢は、統計的には加齢するほど高くなって行く傾向にあるけれど、若年だからがんにならないと断言することもできない。
けれど、多くの患者さんが病気がわかった当初は「何で私が?」とか「こんなの私だけ…」って思うみたい?

子宮がんや卵巣がんの患者さんは、とても希少ってわけではありません。
身近に患者さんがいないと思っても、もしかしたら本人が病歴を隠しているだけかも。

がんだったことを言うだけでも勇気がいると思うし、病名が婦人科系のがんは、ちょっとカミングアウトしにくい風潮があるのは否めない。
世の中には間違った知識を持ってへんな想像をする人がいるし、それを口に出して言う人も実際に存在する。
傷つけられたくないから言わない、という方法を選ぶしかない時もある。
で、実際の患者像って、なかなか見えてこないのかもしれない。

先日サイトのメニューページに、現在のページ閲覧者数を表示できるスクリプトをつけた。
わたくしが、自分のサイトのアクセス動向を知りたかったわけではございません。
告知されたばかりや、治療がきつくて「こんなの、たぶん私だけなんだ」と心細く感じている患者さんが「現在の閲覧者数は○人です」って表示を見て、「自分ひとりじゃないんだ」と心細さが薄れるのであればいいなと思って…。

あなたひとりじゃないですから~

これじゃ、あんまりエールにならないかしらん (;^_^A

本当は、全ページのトータル閲覧者数が表示できるともっと心細さが薄れるかもしれないけど、それができるいいスクリプトがなかった、残念。
スポンサーサイト



  1. 2005/02/25(金) 23:30:00|
  2. がん患者として思うこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)