FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

チャット体験練習会

今日、2回目を行ないました。
子宮がん・卵巣がんの老舗患者サイト管理人さんや、この日記をはじめからお読みの方はご存知かもしれませんが、うさぎの本宅の原点は、チャットによる情報交換だったんです。
情報交換を目的とするチャットルームは、3年ほど開き、平行してホームページも作って行ったわけです。
情報交換チャットはそれなりに好評だったのかもしれませんが、わたくしの負担や我慢が多過ぎると感じ、2004年の初めくらいに閉めました。
でも、チャットにはチャットの良さが確かにあります。

うさぎの本宅は、子宮がん・卵巣がん患者情報交換サイトとして、主に病院で受けられる子宮がんや卵巣がんの治療体験情報をメインに扱っています。
サイトの方向性は、ほんのちょっとしたことでもズレてしまいますが、元に戻すのはなかなか難しいのです。
それで、がん治療や治療後の後遺症などと関係なさげな内容の掲示板投稿は、あっさり削除したり、お返事を付けずに流したり。
これが「うちのスタイル」と言ってしまえばそれまでなんですけれど、来訪される方の中には、物足りなかったり、同じような治療をした患者同士で四方山話したいよぉと思う方もいらっしゃったことでしょう。

雑談などはログを残す必要がありませんので、うまく使えばチャットも有用なのかなと。
復活させてもいいのかなと、そう思いました。

ただし、ひとくちに「子宮がん」「卵巣がん」と言っても、患者さんの受けた治療やステージなどの状況は異なりますから、わたくしが「今日はチャットやります」と言っても、いらした方すべてに興味のある話が出るわけではないのです。

で…。
チャットは用意いたしました。
「チャットって、やったことありません」という方のために、体験練習会も行なっています。
使う方が増えるようでしたら、チャットの数は増やします。

後は、話したいことがある方ご自身が「私はこういう話がしたい」と問題提起し、同じようなテーマで話したい方同士で集まってチャットしたほうが、話の共通性が生まれるのではないかと思います。

うちのサイトに来訪される方の多くが開腹して子宮摘出した患者さんのため、現在は、細胞診クラス3a3bの方や、円錐切除前後の方、黄体ホルモン治療中の方を対象にした掲示板はありません。
チャットなら、待ち合わせ用掲示板に「こういう条件の方とこういう話がしたい」とお知らせしておけば、円錐切除の話だって、細胞診クラス3aの方が集まるのだっていいんですよ。
来てくださる方がいらしたとすれば、その方はどういう話が出るか了解した上でチャットにいらっしゃるのですから。
開始時間も、チャットに先約が入っていない限り、使いたい方が好きに設定なさっていいんです。
例えば、チャットに来てくれる人が実際にいるかどうかは不明ですが、夜中だっていいんです。

内容については「健康食品を語る」や、患者以外の方も多数集まるようだと困ってしまいますが、患者同士であれば、雑談されてもかまわないと思います。
そのあたりは、患者の皆さん良識がおありだろうと信頼しております。

「誰かがテーマや日時を決めてくれるだろうから、興味があったら行こうかな」と思っている方が多いのかもしれません。
でも、皆さんたぶんそう思われているはずなんです…。
本当に話したいことがある方は、ぜひご自分で口火を切ってくださいね。
誰かのセッティングに乗っていたのでは、「それなり」のことしか得られないことも多いので。

ということで、どうぞご活用ください。
待ち合わせ用伝言掲示板でお知らせしてチャットを使われる場合は、荒らし等防止のために、わたくしもなるべく顔を出させていただくようにいたします。
「ただいるだけ」のことが多いかもしれませんが m(_ _)m
スポンサーサイト



  1. 2005/03/11(金) 23:37:04|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)