FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

サバイバーズギルト

Survivor's Guilt : 生存者の罪悪感。生き残ってしまったことへの負い目。

「ええ、ぴょんぴょんが?」と驚かれる方もいるかもしれませんが、わたくしもサバイバーズ・ギルトを感じる時はあります。

がんは、なりたくてなれる病気ではなく、もしがんで亡くなったとしても、患者さんご本人が悪いわけではありません。
もちろん、亡くなった方の死亡原因がわたくしにあるわけでもありません。
だから、わたくしは自分を責める必要はないし、責められる筋合いもないということはわかっているんだけど、やっぱり、いろいろと思っちゃう時はありますね…。

時には、がんで死ねばよかったのにと言う猛者がいるかもしれない。仲悪い人とか。
でも、基本的には、治療がうまく行って生きていることを責める他人って、いないんです。
にもかかわらず、やっぱり、いろいろと思っちゃう時はありますね…。

だれかの不注意で起きた事故や遭難で生死が分かれ、事故原因を作った人が生き残ってサバイバーズ・ギルトを感じるのとは異なり、がんにおけるサバイバーズ・ギルトは自分自身が作り出してしまうものなのかなと思う。
最終的に行き着く解決方法は、確固たる死生観の構築と、できる時にできるだけのことをやっておく努力と、納得感の三拍子揃えることだけなのかもしれない。
スポンサーサイト



  1. 2005/03/29(火) 21:15:18|
  2. がん患者として思うこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)