FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

キャンサー・サバイバー

キャンサー・サバイバー。
「がん生存者」とか「がん経験者」とか「元がん患者」という意味の言葉。
外国では、がん経験者への尊敬の意味も込めて使われているらしい。

いつの時点から「キャンサー・サバイバー」と名乗っていいのか、その定義はよくわからない。
告知されたばかりの患者でも「がん経験者」にはなるし、治療中の患者でも「がん経験者・がん生存者」になる。
がんになった部位や種類により変わってくるけれど、がん治療終了後5年経って異常がないと、がんは治ったと考えられる。
その時には「元がん患者」になるので、これまた「キャンサー・サバイバー」である。

どれくらいのステージからキャンサー・サバイバーを名乗っていいのか、そのあたりもよくわからない。
同じ病名でも、統計上はステージごとの5年生存率が異なる。
5年生存率100%のステージで発見されたがんをちゃんと治療すれば、そのがんが原因で死ぬことはない。
はじめから、「がん生存者」枠に入れることが確約されているのだ。
また、内視鏡検査でポリープが発見され、その場で切除して病理で調べたらがん細胞が見つかった、でも検査の時にすべて取りきれたのでそれ以上の治療はありません、ということもある。
「自分はがんなんだ、これからがん治療するんだ」という認識や決意をする間もなく、検査を受けただけでがん治療が終了していたというケースである。

反対に、がんとわかった時にはステージが進んでいて、そのステージの5年生存率は100%ではなかった、でも長期に渡る辛く苦しい治療に耐えて現在に至っています、という患者さんもいらっしゃる。
すべてのがん患者を「キャンサー・サバイバー」とひとくくりにしていいものかどうかは、意見の分かれるところであろう。

とまぁ、いろいろな解釈が考えられるので、自分の病歴を表す言葉に「キャンサー・サバイバー」を使うか、また、使いはじめる時期やこのステージからという線引きは、現在のところ、患者自身がそれぞれ決めていいんじゃないかと思う。

わたくしは、進行がん(浸潤したがん)になってから5年以上経っている人 = キャンサー・サバイバーかなぁ、と考えている。
自分に照らし合わせてみると、浸潤したがんではあったけれど、がんになって4年半しか経っていないわたくしは、まだ「がん患者」だ。

このまま何ごともなければ来年4月、キャンサー・サバイバーになる予定である。
スポンサーサイト



  1. 2004/11/23(火) 23:30:00|
  2. がん患者として思うこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)