FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

検査結果

一昨日は坂の上病院の内科、昨日は甲状腺専門医へ行ったので、いささかくたびれた。

足の筋肉の痛みは、限りなく「ただの筋肉痛っぽい」とのこと。
痛みが続くようなら再診で落着。
横紋筋融解症だと、ポートワイン尿っていうのが出るそうだ。
かな~り赤いんでしょうね…。

腫瘍マーカーCEAは4.5.
なんと、今回は正常値内に治まった。
今まで高かったので、逆にびっくり。

マイクロゾームテスト25600倍、抗サイログロブリン抗体10.9。
やっぱ高いですね~。
マイクロゾームの基準値は100倍以内なんですけど…。
ってか、検査で測定できるマイクロゾームの最高値って25600倍が限度みたい?
ネットでは、それ以上の数値って見たことないんですよね~。
わたくしは橋本病なんだし、なんちゃって膠原病でもあるので、まぁこんなもんでしょ。

尿酸値は、薬を使わずに5.5。
いい感じです♪

コレステロール276、中性脂肪254。
高過ぎだけど、食生活にはもう改善の余地がなく、薬で下げるしかない。
卵もバターもマーガリンもマヨネーズもほとんど食べず、牛乳は低脂肪乳で、肉を食べるとしたら鶏肉が主、夫の好みで青魚のメニューが多いのになぁ。
これは卵巣欠落症状のひとつとしか考えられない。
春過ぎからやってもらえそうなHRT(ホルモン補充療法)に期待したいところ。
ちなみに、他の病気との兼ね合いがありますんで、もっと野菜や海草食べろとか、運動しろってアドバイスは不要です。

甲状腺専門医では、「少し良くなっている」と言われ、薬の量をもう少し増やすことになった。
その話を夫にしたら、「良くなっているのになんで薬の量が増えるんだ?」。

橋本病は甲状腺機能低下なので、甲状腺ホルモン剤を飲んだから少し良くなった。
だから、薬の量をもっと増やせばさらに「普通」へ近づくんじゃないかってことです。

という説明をしたら、「だけど、がんの再発は大丈夫なの?」と。

甲状腺ホルモンと、卵胞ホルモンは別!

出かけたせいか、鼻風邪いよいよ悪化。
はながづまっでぐるじいでず。

風邪で鼻が詰まって口呼吸となり、喉を痛めつつある。
しかも、左足の筋肉痛に加え、右肘と右手のすべての指に関節痛まで出てきたので、本日は休養日とする。

なんにもしないんだもんね~。

だけど、ただ寝ているだけではつまらないし、関節痛と喉の痛みをどうにかしたいので「湯治ごっこ」に突入。
バスタブにお湯を張り、入浴剤の登別を投入。
これで気分は北海道です。

湯気で喉の痛みが軽減した(みたい)。
筋肉痛も軽減した(みたい)。
蜂窩織炎の心配があるので長湯はしたくないのですが、お風呂に入って眠って、またお風呂に入ってを繰り返していたら、かなりラクになったような気がする。
病院処方の風邪薬は眠たくなるので、これまたいい感じで休養になるんですよぅ♪
夕食にルイベでもあったら、さらに「北海道で湯治」気分が盛り上がったんだろうなぁ。
そこだけが、ちょっと残念。

明日は草津だ!

お風呂に入りながら考えていたこと。

●義援金と救援金って、どこがどう違うんだろう?

●アメリカの「州兵」って、ネイビー、アーミー、エアフォースと別の組織なの?

●ケイ・スカーペッタ、頑張れよぉぉ!

●山手線の終点って、どこ?

あまりの脈絡のなさが我ながら可笑しい…。
スポンサーサイト



  1. 2005/01/21(金) 23:30:00|
  2. 体調|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)