FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

とほほ

お正月、義父の家に行った時の蛇足。
義父に会って早々「僕は頭に来ちゃってるんだよ」と言う。

ぴ「どうしたんですか?」

義「12月にガスの点検があって、キッチンの湯沸器の部品交換が必要だって言われて、1万5000円も出して交換したんだよ。それなのに29日になって点火しなくなっちゃって…。見に来て欲しくても会社は休みだし。毎回、お皿洗うのに冷たくてまいっちゃってるんだよ」

ぴ「どれどれ」

確かに、点火しない。
でも、アラートランプがついている。

ぴ「電池を交換してみましょう」

夫を呼んで電池交換を頼む。
電池を取り出して見た夫は「電池はまだきれいだし、火花は飛んでるから、電池ってことはありえないんじゃないか?」と。

ぴ「がるぅぅ。とにかく交換してみて。それでダメだったら他の原因なんだから」

わたしゃ、家電や電気関係はちょっと詳しいんだからね。
とにかくサービスが休みの今は、原因として考えられることをひとつずつ潰していくしかないわけよ。
わたくしの「がるぅぅ」に怖れをなした夫は半信半疑で電池を交換し、点火スイッチを押した。

お湯が出た。

その瞬間の義父の喜びようったらなかった。

わたくし、すきやき用のお肉としてグラム1000円相当のお品物を1キロ奮発したんですが、義父にとっては、そんなことよりお湯が出るようになったのがすごく嬉しかったみたい。

個人個人で思惑は異なる。とほほ。
スポンサーサイト



  1. 2005/01/04(火) 23:30:00|
  2. 嫁業・娘業|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)