子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

こんにちは!

この日記は、2000年4月に子宮体がんで準広汎(子宮・両卵巣、卵管摘出)と、リンパ郭清の手術をした「ぴょんぴょん」が書いている術後の経過日記です。

日記ですので、思ったことや身体の状態などはありのままに書いています。
子宮がん術後の患者さんがすべてぴょんぴょんと同じような体調、状態、経過になるわけではありません。
術後の状態は患者さんによって異なり、まったく同じ状態の人は一人もいないということを踏まえてお読みください。

また、ぴょんぴょんは2003年夏に膠原病(全身性エリテマトーデス:SLE)予備軍であることがわかり、2004年夏には橋本病と診断されました。
婦人科、内科、皮膚科、整形外科の主治医にそれぞれ、子宮がんと膠原病や橋本病には何か関係があるのか質問したところ、全員が「因果関係はない」という答えでした。
ぴょんぴょんが子宮がんの後に膠原病予備軍や橋本病になったのは、まったくの「たまたま」らしいです。

がんの術後の不調だけでなく、膠原病や橋本病から来ている不調も多少あるようなのですが、「この症状はがんの術後後遺症」「これは膠原病から来る不調」「これは橋本病から来る不調」という区別が自分自身でもよくわからないので、一緒に書いています。

読んでいる方にとっては、ぴょんぴょんの具合が悪そうに思われることや、「ぴょんぴょん、そんな言い方ないだろ~」と思われることがあるかもしれませんが、これは日記ですので、ぴょんぴょんの主観で好きなことを書かせてもらっています。
心配したり、怒ってはダメよ。
そこんとこ、ホントによろしくお願いいたします m(_ _)m

ぴょんぴょんのホームページは、子宮がん関係はうさぎの本宅、膠原病関係はなんちゃって膠原病ワールドです。

これから治療される方のお役に立てるかもしれない記載もありますので、ぜひ一度おいでください。

**************************************************

2005年4月以降の「日記のようなもの」は、

週刊ぴょんぴょん
http://usaginohontaku.seesaa.net/


に書いています。
スポンサーサイト
  1. 2000/04/01(土) 23:30:00|
  2. お知らせ|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。