FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

今日の彼氏と今日の怒り

お出かけした。
外国人のおじちゃんにナンパされた。
おじちゃんは、イタリアはミラノから来てるんだって。

巻き舌強くて、言ってることが半分もわからなーい(ToT)

「何歳ですか?」
「結婚してますか?」
「名前を教えて」
「子供はいますか?」

うるせ~! ほっといてくれ!

「子供はいない」と答えたら、病院へ行ってみてもらったかとか、あなたは家にいても子供がいれば寂しくないのにとか、あーだこーだとごちゃごちゃうるさいので面倒になり、「子供は大嫌いなんですっ!」と言ったら、おとなしくなった。
いろいろと説明するのは、もうかったるいので、これからはこの口実で行くか…。

最近、チャットに来る医療従事者からたて続けに「頑張ってね」と言われ、なんだかな~。

わたくしは、自分以外の全世界の人が「そんなの、頑張ってもムダだよ」と言っても、自分が頑張りたければ、勝手に頑張ります。
逆に、自分以外の全世界の人が「頑張ればできるよ」と言っても、自分が頑張りたくなければやりません。

現在のところ、自分でできることは120パーセント頑張ってやっていると思うので、これ以上は頑張りようがありませぬ。
ですから、これまた、

ほっといてくれ!

ちなみに、
患者に対して「頑張ってね」って言うのは、究極の禁句ですよ。
学校で習わなかった?

正直なところ、頑張ってね!って気軽に口にする医療従事者は、何を考えてるのかと思う。
他のことでも何げに傷つけられそうで、お付き合いするの引いちゃうよん。
わたくし、これでもいろいろと我慢してることあるのよ。
腹立つこともあるのよ。
誰にもどうにもできない問題なので、ぶちぶち言ったりしてないだけで、実はこっそり傷ついてることもあるのよ。
自分で解決しようとしてるし、今は、どうにか解決できてる。
だから、プレッシャーかけるようなことを、安易にぺろっと言って欲しくないですね。

頑張ってって言われるのなら、何も言われない方がよっぽどマシな時もあるんです。状況見て言ってよね。
そこんとこ、よろしく。

ほっといて欲しいことばっかで、胃に穴があきそうである。

ちなみに、イタリア人のおじちゃんの巻き舌具合。

例えば「コンピューター」って単語は、英米人が発音すると、ぴょんぴょんの耳には「カンピュータ」または「カンピュラー」って感じに聞こえる。

おじちゃんは「コンプルタ」。
意味が全然わからなくて、スペルを言ってもらった。(;^_^A
イタリアなまりの英語だと、R音をしっかり発音するって聞いてたけど、これがそうなのか~。

「フイフテツリ」って連発するから、何のこっちゃ??ってずっと疑問だったんだけど、あれは「フィフティスリー」って言ってたんだと、今思いついた間抜けのぴょんぴょん。

おじちゃん、53歳か?
スポンサーサイト



  1. 2002/03/11(月) 23:30:00|
  2. がん患者として思うこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)