FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

とうとう足が腫れちゃったよ~

朝から、夫の実家のお掃除。

舅はしばらくか、これから先ずっとか、一人暮らしをすることになるので、道線の確保をしておかないと転んだりして危ないだろう。

いや~、出るわ出るわ、不要物の山じゃ。
キッチンの食器棚の前に、「これはもう、絶対に使わないだろうなぁ」というものが埃をかぶった積み重ね高層建築物になっていて、食器棚の上部半分しかしか使えない状態になっていた。
ぎゅうぎゅう詰めの食器棚の中には、おまけや粗品でもらう食器類も、お店を開けるくらい入っている。
キッチンの棚という棚には、引き出物等でいただいた新品の食器類が箱のまま、ぎゅうぎゅう押し込んである。
こんなにとっといて、どうする気だったんだろ?

舅は料理をしないし、これから客寄せをすることもないだろう。
舅の了解をもらい、思い切ってかなり捨てた。
使っていないものはリサイクルショップ行き。

わたくしのバカ親父の家を整理した時の経験があるので、そういうのの仕分けや、処分方法はまかしてよって感じなんだけど、ゴキブリ取りがいっぱい置かれていて、ネズミ捕りの薬もある。
こわいよ~ (ToT)

舅は洗濯もしたことないというので、洗濯機の使い方を教え、その合間には3食の支度もある。
立ったり座ったりして、夕方にはくたくた。

急遽泊まることになったので、下剤も持って来てない。
なーんにも出ない。
お腹痛い。
腰もいたぁい。

舅は、これからどうしたらいいかわからずに不安なのだろう、「今晩も泊まっていけば?」と言うので、泊まることにした。

寝る前、トイレにいった時に足を見たら、左足太ももの内側がぷーっと腫れているじゃあ~りませんか!
あ゛~!!!

夫に見せて、「腫れた、腫れたぁぁぁ」と言ったら、驚いて足をマッサージしてくれ、騒ぎを聞きつけた舅も来て、「ムリさせちゃったからな~」と謝られた。

いや~、申し訳ない。
やる気はあるんだけど。
やるのもいやじゃないんだけど…。

夫も舅も、「ぴょんぴょんには無理させられないね」ということで意見が一致がしたので、これからは大手を振って、肉体労働はパスさせてもらいます m(_ _)m

夫の実家は基本的に個人主義で、「嫁なんだから無理して当たり前」みたいなことを言わないのでありがたい。
ぴょんぴょん自身も、肉体の限界点まで頑張ったと納得できたので、気が済んだ。
これからは、無理しないよん。
スポンサーサイト



  1. 2002/05/09(木) 23:30:00|
  2. 嫁業・娘業|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)