FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

なんでそんなに文句が言えるかな~

うちのルールでは、食事中はテレビを消すことになっている。
食事をしながら、「あの店の○○はおいしい」とか「今日の昼に食べた○○はおいしかった」と言うのもご法度。

だいたい、人が作ったものを食べながらテレビを見たり、他の食べ物を思い出して「おいしかった」と言うの、失礼じゃない?
わたくしは、そういうことは許さない。

夫は昔、古典芸能の仕事をしていて、えら~い役者さん方に先斗町などでよく遊ばせていただいたらしい。
だから、食べ物にうるさい。
お惣菜は、よほどのことがないと買わせてくれない。
料理屋さん並みの食べ物を要求することもある。

ここで、わたくしの怒りに火がつく。
うちは「料亭・ぴょんぴょん」じゃないんだからさ~。
高い素材を使えば、やはりそれなりの味が出ると思う。
でも、家で毎日そんな物を食べていたら破産しちゃうよ。

作っている最中に、こう調理しろだの、味付けはこうしろだのと言われた日には、鍋を投げつけてやろうかと思う。
わたくしの料理の腕は中の上ぐらいで、ものすごく上手ってわけではないけれど、それなりに工夫してやってます。

例えばカレーね。
市販のカレールーだけで味付けするということは、絶対にないの。
必ず、10種類くらいのハーブ類もブレンドして入れてる。
時々、新聞に「夫婦喧嘩の末、妻が夫を刺殺」という記事が載っているけど、刺しちゃった奥さんの気持ちがわかるような気がする時があるよ。
刺しちゃまずいけどさ。

夜遅くに帰って来て、いきなり「これこれを作れ」と言われるのもたまらない。
こっちにはこっちの予定ってもんがあるんですよ。
寿司屋のカウンターに座ったんじゃないんだから、お好みで何でも作りますってわけにはいきませんっ!

「京都で食べた甘鯛の酒蒸しはうまかった」と言われてもなぁ。
調理器具も、調味料も、「家庭用」しかないのに、どうやって料亭料理を作れって言うんじゃ?
凝った料理などは、外食で食べればいいじゃないのと思う。
それか、道具と、道具が収納できるスペースのある家を買ってくれ!
必要な物を与えてくれなくて、高度な要求されてもなぁ。
うちは家庭なんだから、家庭料理を出してどこが悪いの?

ぴ「今晩は、うどんにします。温かいのと冷たいの、どっちにする?」

夫「温かいの」

ここで普通の人は「釜あげうどん」などを思い浮かべるのだろうが、夫は本で読んだ「湯溜めうどん」を要求する。
湯溜めうどんは、ゆでたうどんを冷水で洗ってコシを強くして、再び温めたものです。
手間がかかるんだな、これが。
うどん文化圏の人たちはこだわるだろうけど、こっちの人は、釜あげと湯溜めの違いなんかわからないだろうと思うんですけどね…。
まぁ、夫の希望なので、湯溜めにする。

夫「○○で食べたうどんは、うまかった」

ぴ「そう」(ほらほら始まった)

夫「喉越しが良かった」

ぴ「このうどん、1袋100円だからね」

夫「コシもすごくてね」

ぴ「ふ~ん」(そろそろイライラモード)

夫「生醤油で食べるんだよ」

ぴ「…………」(大鉢に入った湯とうどんを頭からぶっかけてやろうかと考え初めている)

夫「○○もおいしかったなぁ」

ぴ「ああそう、うちのうどんがまずくて申し訳なかったですね。お店はお金とって食べさせるのが商売なんだから、それなりのものを出すでしょうよ。ここは家だよ、家なんだよっ! しかし、食べている最中に、よく他の食べ物のことが考えられるね。あなたは満足するってことがないの? そんなに○○がいいんなら、お店で食べればいいでしょう。もうご飯作らないからねっ!」(怒り爆発で30分ぐらい反論する)

結婚以来、上記のようなやりとりを何百回となく繰り返して来た。
いい加減にしてくださいよ。
最近は身体がつらいので、食事を作るのもかったるい。
で、ぴょんぴょんの怒りが爆発するまでの時間が短くなってきた。

私が怒り出す前に沈黙する傾向があるということがやっとわかってきた夫は、ぴょんぴょんの「………」が始まると、そそくさと話題を変えるようになった。
ありがたいこってす。

でね、「あれ作れ、これ作れ」って言ってもいいけどさ。
うちでもできるのなら作るんだけどさ。
まずは一度、それを食べさせてよ。
食べたことないものは、上手に作れませんっ!
利益を得たかったら、投資もしてよね。
何もしないで「いい目」だけ見ようって、それは無理があるんじゃないの?
ぷんぷんぷんぷん!

は~、すっきりした~。

今日、夫は泊まりがけで外出。
よって、今晩のメニューは思いっきり手抜きで、コンビニのとりそぼろ弁当。
スポンサーサイト



  1. 2002/06/29(土) 23:30:00|
  2. 夫婦|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)