FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

転院成功!

なぎさ病院へ行き、パンダ先生と話した結果、転院することになった。
けっこう友好的なムードで転院できたと思う。

予約時間に病院へ行き、1時間待たされた。
なぎさ病院は予約制で、4月に予約して、やっと今日の予約が取れたのに、時間通りに診てもらえないなんて絶対にヘン。
今までに何回も来たけど、予約時間通りに診てもらえたことは一度もないので、予約方法と患者の人数振り分けに問題があるとしか思えない。
形だけの「予約時間」では意味がない。
このシステムは厳しく再考していただきたいものです。

Ns「ぴょんぴょんさん、初めに内診室へどうぞ」

ぴ「あ、先に先生と話をさせてください」

Ns「あ、はい。ではこちらへ」

診察室には、すでにパンダ先生がいた。

ぴ「お久しぶりです。先生、私は3~4ヶ月ごとに検診をしろと先生から言われていますが、この病院の予約が全然取れないのです。前回、ここで検診したのは去年の冬です。その後電話し続けて4月にやっと取れた予約が今日です。最近、家のすぐ近くに総合病院ができました。検査設備としてCTやMRIまではあります。術後検診だけならそこで充分できると思います。検診はその病院で受けるわけにはいかないでしょうか。再発など何かあったら、もし治療が必要になったら、必ず先生のところへ戻ってきます。お願いします」

パ「向こうの先生が『いい』って言うなら、移ってもいいよ」

「では、お願いします」

パ「向こうの先生に今までのことを書いてあげようね」

やった~。
診療情報提供書も書いてくれるんだ。
いい感じ!

パ「書くのに時間がかかるので、今すぐは無理。外来止まっちゃうからね。今度、取りに来てもらおうかな」

ぴ「はいはい」

パ「今日は、診察どうする?」

ぴ「今日ここでやっていただいても、結果を教えてもらうのはまた数ヵ月後になってしまうでしょう? 夏の検診は転院した病院でやります。前回やった検査結果だけ教えてください」

パ「問題ないです」

ぴ「問題ないって、細胞診クラス1とか2ってことですか?」

パ「ん~、そうだね。問題ないです」

はぁぁ、数字を聞いてるんですけどね…。
言ってもわからないと思われているんだろうか?
わたくしもナメられたもんだわ。

ぴ「わかりました…。では、今までどうもありがとうございました。もしがんの治療が必要になったら、先生のところへ必ず戻ってきますので、その時はよろしくお願いいたします」

パ「はいはい」

本当にそうなった場合、なぎさ病院で治療したいと思うかどうかはわからないけど、選択肢は多い方がいい。
わたくしは、友好的ムードのうちに、必要な書類を携えて坂の上病院へ転院できることになった。

やった~!

会計をし、出来上がった診療情報提供書は郵送してもらうことにした。
なぎさ病院へはドアツードアで1時間くらいかかるので、これはありがたい。

本日のお支払いは、1.790円+切手代80円。
診療情報提供書って、けっこう安いものなのね。もっとかかるのかと思ってた…。

今日、病院へいく途中、郵便局の前を通った。
入り口の看板に「犯罪防止の為、入局の際には、ヘルメット、覆面、サングラス等はお取りください」みたいなことが書かれていて…。

ヘルメットとサングラスは、日常生活でごくごく普通のものだからうっかりしたまま入っちゃうことはあるだろう。
でも、覆面って?!

覆面なぁ…。
目と口だけ出るようになってる、頭からすっぽりかぶるアレ?
覆面して郵便局に入ってきたら、かなりアヤシイでしょ。
プロレス会場とか、スキー場ならわかるけど、都会の街中で覆面を常用する人って、どんな人??

今晩のメニューは、

しゅうまい
たけのこの煮物
しば漬け
鯛そうめん
スポンサーサイト



  1. 2002/07/19(金) 23:30:00|
  2. 【重要】受診の参考に|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)