FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

……

初夏に義母が亡くなったため、義父は一人暮らしをしている。
初めは、こちらとしてもどうなることかと思ったし、義父自身も不安げだったが、この前行ったら義母が生きていた時よりもきれいにして住んでいて安心。

私がこんな状態でなければ、いろいろと身体を動かしてサポートのしようもあるけれど、今はとてもじゃないけどムリだし、義父も理解してくれていて文句のひとつも言わないのがありがたく、また彼の気持ちを考えるとちょっと切ない。

義母のいないお正月は初めてなのでたぶん寂しいだろうと思い、元旦の夜に1泊させてもらうことにした。
義父はとても喜んでいるようだ。
その時の夕食を何にしようかと夫といろいろ考えた末、一人暮らしでは食べる機会がないもの、鍋料理なんていいんじゃないかという話になった。

義父に鍋にしようと思うと言ったら、やっぱり一人では食べる機会がないと、これまた喜んでくれた。
どんな鍋がいいのか訪ねたら、フグだって。

値段のことはさておき、お正月に食べるためにはどうすりゃいいの?
冷凍の鍋セットってあるのかなぁ。
それとも、大晦日に配達してくれる業者を探すか…。
こちらの希望具材と希望配達日の条件を満たす業者を探すのに、丸一日ネットをさまよった。
最後にやっと見つかってよかったよ~。
フグちり刺身セットにオプションでフグきざみ皮、なべ用フグ皮、フグ白子をつけて消費税込み23940円。
これを三人で食べるのか…。
高いのだか安いのだかわからないけれど、値段だけ見たら高いと言えるでしょうね。
たまの親孝行なんだから奮発するかぁ。

昨日から軽い頭痛がする。
少しだるい。
悪寒もする。
鼠蹊部の痛み復活。
具合悪いぞ。

今日、客先から仕事の発注があった。
スケジュールによれば、今度の連休も少し仕事をしなければ仕上がらないみたい。
平日には徹夜もありそう。
こんな状態でもつんだろうかとかなり不安な体調なんだけど、断われなかった。
親の残した借金があるので、経済的な面において私にはあまり選択肢がない。
まぁ、できるだけのことはしてみましょう。
スポンサーサイト



  1. 2002/12/19(木) 23:30:00|
  2. 嫁業・娘業|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)