FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

また転院ですかぁ?

坂の上病院で子宮がんの術後検診。
結果は25日に聞ける。

前回の検診で、代診の先生が卵巣欠落症状をとても気にしていたこと、私も気になること、骨密度やコレルテロール値などを調べて問題があるなら対処して欲しいことを告げたところ、「体がんだったんでしょ? なら…」だって。

「なら」、ホルモン補充療法は使えないってこと?
それは私も知ってるし、やりたいとも思わない。

主治医がぽつりと「僕はがんが再発しないなら、それでいいと思う」みたいなことを言ったので、「もちろんそうです。ただ、私はこれからも生きて行くのでQOLも大切です」と言ってやった。

がんが治ったんだから、ちょっとくらい副作用があっても、後遺症があっても甘んじて受け入れろっていうのなら、私は怒っちゃうよ。
受け入れるのは私自身が決めることであって、人から強制されるものじゃないのよ。
もしも骨密度が低下していたり、コレステロール値が高いままだったとして、ホルモン補充療法以外の治療があるなら試してみたいし、治療法が何もなかったとしても、正常か異常かは知っておいた方がいいんじゃないの?

治療法がないから検査もしないって考えなら、それは納得できない。

Drに「先生、12月いっぱいで移られるそうですね。その後は私、どうなるんですか?」と聞いたところ、「紹介状を書いて、他の病院へ…」と言われた。

はぃぃ?

よくよく話を聞いたら、来年の3月で坂の上病院の産婦人科は閉鎖されるのだそうだ。
患者数、少なそうだもんなぁ。
採算が合わなかったのかもしれない。
医は仁術って言うけど、最近は算術も重要なのね…。

夏になぎさ病院から坂の上病院へ転院して来て、また春に転院ですか…。
なんだかな~。

次はどこに紹介してくれるのだろうか。
自分でも少し探しておいた方がいいのかもしれない。
変なところに紹介されたらやだもんなぁ。
なぎさ病院に帰るという方法もあるんだろうけど…。

考えることが増えた。
師走で、それでなくても忙しいのに、まったくぅぅぅ!

家のすぐ近くの病院なのに、往復でくたびれてしまい、足も腰も重だるーい。
ふんばりがきかなくて、足元アヤシイし…。

家に着いたらすぐに寝てしまい、起きたら夜中で、隣に夫が寝ていた。
帰ってきたの知らなかったよ。
最近、体力がないのかなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2002/12/11(水) 23:30:00|
  2. 【重要】受診の参考に|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)