子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

アメリカの医療

今日のチャットに、海外旅行中に具合が悪くなり、治療を受けたという方が来た。
大変だったろうな~。

ぴょんぴょんもアメリカでお医者さんにかかったことがある。
あちらの医療体制は日本と全然違っていたのを思い出した。
診察の前にナースが検温とか、血圧測定をしてくれたのだけれど、「これから検温をします。いいですか?」「血圧を測ります。いいですか?」といちいち聞かれ、こちらが同意しないとやってくれない。
そして、結果は逐一すべて教えてくれた。
それが終わるとDrが来るのだけど、はじめに「私の名前は○○です。よろしくね」てなことを言いながら、握手する。
それから、「診察するので、身体を触ります。いいですか?」「○○を調べるための検査をします。いいですか?」と続く。
そして結果はやっぱり、逐一説明してくれた。
しかも、こちらが「わかりました」と言わない限り、手を変え、品を替え、言葉を変えて説明は続く。
あのシステムだと、病気について隠しようがないな。

アメリカの医療費は高いと聞いている。
ぴょんぴょんが病院にかかった時は、たまたま海外旅行の保険をかけていて、自分で払わずに済んだ。
ぴょんぴょんの治療費、いくらかかったのだろう?
聞いておけばよかったな。

成人して、初めて自分で生命保険に入ったら、3カ月後に交通事故に遭い、頭を打って記憶喪失もどきになり、1カ月入院した。
傷害保険に入ったら、やっぱり数カ月後に、ちょっとした指の怪我が悪化して、保険のお世話になった。
その後、別の生命保険に入ったら、やっぱり数カ月後に車にひかれて足の骨が折れた。
それから、がん保険に入ったら、がんになった。
ぴょんぴょんは個人介護保険に入っている。将来がちょっと恐ろしい…。

本日のBMI値は21.1。なかなか減らないが、気長にダイエットしてみましょう。
スポンサーサイト
  1. 2000/11/04(土) 23:30:00|
  2. 【重要】受診の参考に|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。