子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ヘンな人

15日に用事があって出掛けたのだけれど、それからお腹がずーっと痛くて、なんかやな感じ。

ついでに今日、チャットに来た「自称医療従事者」が「子宮癌は必ず治る!」と言うので口論になり、激怒&爆笑。もっと具合悪くなりそう…。
ぴょんぴょんは、「治る、治らないという話じゃなくて、医療従事者の方には、器具の名前とか、薬の名前、検査の方法など、客観的かつ正確なアドバイスをしていただきたい」と言ったんだけど、「その考え方はおかしい」んだって。
患者さんは、医療従事者の話は鵜呑みにしがちだから、主観的な話とか、出所不明のあやしげなデータをもとにした話は困るんですよね。
間違った話で、患者さんを一喜一憂させないで欲しいな。
「治る、治らないとか、そういう話をしたいのなら、自分でルームを開いて話してください」と言ったんだけど「おかしいぃぃぃ」とか言われちゃって、噴飯モノでした。
最後に「あなた、死んじゃいますよ」と言われたので、ホストのトンカチで叩いてみました。
もう来なくていいです。

なんか、宗教がかった人だったな。
ま、もし自分が病気になった時には、信念貫いてください。
私たちには勧めてくれなくて結構ですし、私のチャットルームでそういう話はさせません。
チャットルームに入れる医療従事者は、、ドクター、ナース、薬剤師だけにしようかな。
スポンサーサイト
  1. 2000/11/17(金) 23:30:00|
  2. サイト管理者の憂鬱|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。