FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

なんだかな~

無理し過ぎたので、今日は休養日♪
ただ寝ているだけではもったいないので、ゴロゴロしながらホームページの更新もした。
ノートパソは便利だぁ (^o^)

ふと思いついて、うちのサイトへのリンクがどこに貼られているか調べてみた。
うちはリンクフリーではないので、許可したところからしか飛んできていないはず。

が!
な、なんと!
知らないサイトに貼られているのをいくつか発見!

がん情報紹介の非営利サイトが無断リンクしていたのは目をつぶることにした。
うちのようなサイトでも、患者さんの利益につながることはあるだろう。
その他のサイトや、商用関係のサイトには、リンクしないようにメールを出した。

商用サイトでも、うちとリンクしているところはありますが、それは私が許可したからです。
そして、そういうサイトは私たち患者が必要とする商品や、あると便利な商品を売っているサイトです。
その他の商用サイトは、今のところリンク許可を考えていません。
そこのとこ、よろしくご理解ください。

以前、がん患者サイトの管理人さんから、とんでもない話を聞いたことがある。
その患者さんは抗がん剤治療もやった方で、サイトはリンクフリーにしていたのだが、ある日、健康食品業者のサイトに自分のホームページへのリンクが貼られているのを発見。
内容は「この人のサイトを見ればわかるけど、抗がん剤治療をするとこんなに苦しいので、うちの健康食品を使って!」的なものだったらしい。

子宮という言葉から想像をたくましくするオニイサンもいるらしい。

私も他の患者さんたちも見世物じゃないし、人を楽しませたり儲けさせるために病気になったわけじゃない。
うちのサイトが「がんになるとこんなに大変。だから…」というマイナスイメージの代表として使われたり、利用されるのは好みません。
子宮がんという病気の啓蒙は必要だと思うけれど、あまり不愉快にもなりたくないので、リンク先は選ばせていただいています。
悪しからず。

患者サイトの管理人って、こうやって疲弊していくんだろうな…。
スポンサーサイト



  1. 2003/07/19(土) 23:30:00|
  2. サイト管理者の憂鬱|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)