FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

………

いきなり寒くなったのに伴い、体調がアヤシクなってきた。

夜、ちょっと寒くて、吸い込んだ息が冷たいと思っているうちに、げほげほぜぇぜぇ始まっちゃったよん。
この、気候の変わり目に出るへんな咳、ぜんそくのパターンとよく似ている。
ひどくなって受診すると、どのDrも「ぜんそくって言われたことある?」と聞くけれど、聴診器をあてると「違うみたい…」って言うのよねぇ。
いったい何なんだろう?
ぜんそく治療の吸入をするとピタッと治まるし、不思議だ…。

手の指の関節がちょっと痛い。
これ以上冷やすとヤバそうだ。

膠原病の症状のひとつにレイノー現象っていうのがある。
血液の流れが悪くなって、手や足が冷たくなって白くなったり紫になったりするらしい。
私は顕著なレイノーを体験したことはないけれど、もしかしてあれがそうかもと思い当たることはある。

去年の冬、朝起きてから5分か10分ほど、靴下を履かずに裸足でプラプラしていたら、足先がすごく冷たくなって紫色に変化していた。
その日から「しもやけ」状態になってしまい、春まで治らなかったっけ。
ホントにただの冷え、しもやけだったのかもしれないけれど、「なんちゃって膠原病」が発覚した今年からは、まぁせいぜい大事にしてみましょう。

左足も、な~んかヘン。
太ももが重だるくって、前面の表面には何と言ったらいいのか、んーと、しびれたみたいな、ぴりぴりするような感じがある。
腰痛もあるし~。
腫れてはいないし、熱もないから、今のところは様子見ってことで行こう。

ここ数日、ウィルスメールが増えている。
全部クレズなんだけれど、何で今さら?

この前最後にクレズの添付されたメールが来たのは3月20日。
また来はじめるようになったのが9月17日。
冬に活発化するなんて、インフルエンザみたいなやっちゃ。
ウィルス対策ソフトを入れているので実害はないけれど、こう頻繁に来るとなかなかうざったいなぁ。
スポンサーサイト



  1. 2003/09/23(火) 23:30:00|
  2. なんちゃって膠原病|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)