子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

ボケボケしてたら殺されちゃうかも…

注腸検査は終わった。
検査自体は楽勝だったけど、今回も医療ミスすれすれのことが起き、もうイヤ。

なぎさ病院では、胃カメラや注腸などは、外科の先生のうちの誰かが、検査室に来て行う。
今日の先生は初めて会う人だった。
その先生は、部屋に入ってきて言った。

Dr「アルマジロさん、お待たせしました。じゃ、はじめましょう」

ぴ「はい?」

Dr「アルマジロさん、私に背を向けて、横になってください」

ぴ「?! 私の名前はぴょんぴょんです!」

Dr「えっ? アルマジロと書いたカルテが置いてあったので…」

ぴ「私はぴょんぴょんです! ちょっと~、大丈夫なんでしょうね? お願いしますよぉ!」

Dr「はいはい、すいません。じゃ、ぴょんぴょんさん、横になってください。バリウムを入れます」

ぴ「先生! その前に、注射とか、しなくていいんですか?!」

ぴょんぴょんの今までの経験だと、胃カメラや注腸の時は、検査直前に、調べる臓器の動きを止める注射を打った。
そして今日は、その注射をまだしていなかった。

Dr「あれ?」

先生は、カルテを見に行った。
今度こそ、ぴょんぴょんのカルテを見てくれているといいんだけど…。
検査室には検査技師1名と、その先生がいるだけ。
先生が注射しなかったら、誰がするの?
検査技師って、注射とかする権限あったっけ?
そして、先生は注射器を持って帰って来た。

Dr「注射します」

やっばりね…。
もし、注射しないまま検査したら、どうなっていたんだろう?
今度調べてみよう。
先生が右上腕部に注射しようとしたので、一応聞いた。

ぴ「それ、ブスコパンですよね?」

Dr「はい。よくご存じですね」

ほめてくれて、どうもありがとう。
間違えて別の薬を打たれたら、たまんないんでね。
それから先生、その注射を打つ前にはたぶん、心臓とかに病気があるかどうか聞くんじゃなかったっけ?
今回は聞かれなかったけど…。
ちなみにぴょんぴょんは現在、心臓と緑内障に問題ありと言われていません。
先生、よかったネ。

先生が注射している時、右手を開いたり閉じたりしてみた。
これは確認と、半分は嫌がらせみたいなもの。
こういう注射の場合、手がしびれたり、へたをするとマヒする場合があると聞いていたので、確かめてみただけ。
この病院では、検査の手順をぴょんぴょんがお医者さんに指示してあげた方がいいのかも。
もう、全然信用できん!

Dr「しびれますか?!」

ぴ「いいえ」

ぴょんぴょんもホッとしたけど、先生もホッとしたようだった。
その後の検査は問題なく終わった。
バリウムを入れた後、「あっち向いて、こっち向いて」があり、さらにポンプで腸に空気まで入れたりしたけど、お腹痛くなんなかったし、よかったぁ(^o^)

この前やった胃カメラと、今回の注腸の結果を総合して、今週末に診断が出る。
胃の方に問題があるのは確実で、治療も必要みたいだけど、ほんと、どうしたもんだか。
「行きたい」と思う次の病院がまだ見つかっていない。
次の病院を見つけられないのは、ぴょんぴょん側の問題なので、ブチブチは言えないけどね。

ぴょんぴょんがチャットルームを開いている同じカテゴリには、他にもいろいろな人がルームを開いていて、中には特定の病気の人が集まるルームもある。
「うさぎの本宅」みたいにね。
病気は違うけど。

今日、別のルームにいたら、そこの入室者の方が「○○○と、うさぎは要注意」と言っていた。
どういう意味なのか、とっても気になる。
うさぎというのは、うさぎの本宅のことなんだろうか?
もしそうだとしたら、なんで?
ぴょんぴょんがうさぎの本宅のホストだと知っていての発言なら、冗談と受け止めていいのだろうけど…。

ぴょんぴょん、「うさぎの本宅」、その参加者が、他のルームに迷惑をかけているのだろうか?
もしそうなら、チャットルームの存続を考えてしまう。
ぴょんぴょんは、自分のやりたいようにやっている。
でも、人に迷惑をかけているとは思っていない。
しかし、それが「世間一般常識」からすると迷惑なことだったら?
知らず知らずのうちに、「私は病気なんだから、何をやっても大目に見てもらってトーゼン」と自分に甘くなっていたのだろうか?

考えたら、朝まで寝られなかったよ。
スポンサーサイト
  1. 2000/12/12(火) 23:30:00|
  2. 【重要】受診の参考に|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。