FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

思うこと

うさぎの本宅では「がん検診をしましょう」とか、「子宮がんの術後検診では、他の部位のがんは診てませんよ」とエラソーに言ってるわたくしですが、実は…。

去年は胃がん、乳がん、大腸がんの検診をサボっちゃったの。

もちろん、胃が痛いとかお腹が痛いなどの症状があればきちんと受診はしているけれど、年に一度、安く受けられるがん検診があるのに使わないって手はないよね。

ここのところ微妙に気持ち悪い。
イレウス予防のためと喉が妙に渇く気がして、毎日かなりの水分を摂っているため胃を荒らしてしまったのだろうか?
一度ちゃんと検査しなくちゃ。

糖尿病はないのに、喉の奥がぺたぺたくっつくように渇くのは「なんちゃって膠原病」のほうと関係するのかもしれないな。
最近は、朝起きた時がいちばん身体が痛いし…。
少し動くとかなり楽になるんだけど、これって「関節痛」とか「こわばり」ってやつですか?

がんの術後後遺症と同様、なんちゃって膠原病で出ているらしき症状も、どれを取っても鎮痛剤を使いたいと思うほどひどくはない。
けれど「ちょっとずつ」の不快があちこちにあると、なかなかうざったいよん。

患者サイトの掲示板にメールアドレス付きで投稿した人に対して、健康食品等のDMを送る業者がいるという話は聞いていたけれど、うちのサイトも使われていたことが発覚!
うちの掲示板を業者が閲覧して、メシのタネとして患者のメールアドレスを収集しているのかと考えると、その業者に対して怒りと不愉快な感情を覚えるのでございます。

DMの差出人は会社名ではなく、健康管理士みたいな「この職業の人が勧めるなら効くのかな」と思うような肩書きで来ることが多いのでご注意ください。
その肩書きを持つ人の中には真面目に働いている人もいるんだろうに、イメージ悪くなっちゃって、とんだとばっちりだなぁ。

私の回りには、がん告知を受けてから「がんに効く」と言われる健康食品だけを使って完治した人はいない。
「これを飲み食いすれば健康でいられる」と自ら編み出した健康食品を売っている会社の社長が死亡し、その死因は「がん」だった。
社長が「この商品、自分ももちろん使ってます!」と大宣伝していた手前、「がんで亡くなりました」と発表できず、別の病名で発表したっていう裏話も聞いちゃったことがある。

西洋医学と健康食品をセットで使って「完治した!」と言ってる人はいるけど、それだって、どっちが効いたかわかんないでしょ?
西洋医学が効いたのかもしれないでしょ?
健康食品だけを使って完治した人を私は知らないから、西洋医学が効いたと考えるべきなんじゃないのかなと思ってるけどね。

そんなに効く健康食品なら、何で保険診療の対象にならないのか、不思議でたまらないよ。

ああ。
もしもその説明があっても今のところ聞く気はありませんので、教えてくれなくていいです。
スポンサーサイト



  1. 2003/09/07(日) 23:30:00|
  2. サイト管理者の憂鬱|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)