FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

今日の膠原病科は発作付き

午前中から冷たい雨。
この時期は「ひと雨ごとに1度下がる」んだそう。

午後から膠原病科に行った。
前回の検査結果がすべて出揃っていて、それによるとわたしくしは、やはり全身性エリテマトーデスの疑いがあるんだけれど、数値はそんなに高くない。
だから観察を続け、正常値内に戻るか、もしも悪化したなら治療するってことになるらしい。
今回も採血して、その結果は1週間後。

このまま一生この「なんちゃって」状態が続くとしても、日焼けはここ2~3年はとにかく要注意だって (ToT)
「試験的に日焼けしてみて、どうなるか見るのはどうでしょう?」と言ったら、危険すぎると止められた。
しばらくは、海や山へ行くとしても日焼け止めを使います…。

診察室から出て会計を待っている間に、いきなり、いつもの喘息様の発作が出た。

げほげぼけほ。

ナースとDrがすっ飛んできて処置室につれて行かれ、気管支拡張剤の吸入。
今回は、酸素吸入も体験。
これは、がんのオペ以来だ~。
この咳でチアノーゼになったことはないのだけれど、一応、酸素も吸わしてもらった。

気管支拡張剤を吸入すると速やかにあっさり直ってしまうのはいつものことなんだけれど、この咳ってなんなのかなぁ。
今回、発作を初めから見ていたDrは、「咽頭浮腫か喉頭浮腫みたいだけど」とコメントしていたっけ。
アレルギーなのかも、ってことで、膠原病の抗体検査用に採血したオーダー表に、アレルギーを調べるオーダーも付け加えてくれた。

病院で発作を起こしたわたくしって、運のいい人?

なんか…。
お騒がせしちゃってスミマセン。

病院から出てもまだ雨が降っていた。
今日は止みそうにないので、発作の後だけれど、ウォーキングがてら歩いて帰ります。
苦しくないし、大丈夫そう。
家に着いたら、5キロ歩いたことになっていた。
やっと品川宿を過ぎたよ~。

明日は、骨盤部CTの日。
こんじょ~!
スポンサーサイト



  1. 2003/10/28(火) 23:30:00|
  2. なんちゃって膠原病|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)