FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

ややっ!

あら、ぴょんぴょんったら、今日は少しだるいじゃないですか~。
ラッキーにも夫は出張でいない。
そこで、彼のノートパソをぶんどって、寝ながらネットサーフィンでございます。

患者とその関係サイトをぐるっと回ってみたところ、ややっ!
何やら大変そうになっている掲示板がチラホラ。
これは、管理人さんえらいこっちゃ、って感じ。
困ってるだろうなぁ、怒ってるだろうなぁ、疲れてるだろうなぁ。
お察しします (ToT)
アホ過ぎるカキコしてきた投稿者はアクセス制限したれ!とか思っちゃった…。

パニくった患者さんご本人にわけわからん投稿されるのも管理者として困ることがあるけれど、患者本人じゃない人が患者サイトの掲示板に来て、患者がムカついたり、不安になるような書き込みするのって論外だと思う。なんだかな~。
自分で調べるのめんどいし、お金かかるのイヤだし、とりあえずここで聞いちゃえ、書いちゃえみたいな、超自己中心的雰囲気を感じるのって、わたくしだけですか?

患者サイトは、患者が主人公でしょ。
自分の不安を解決するために、自分の目的を達するために、他の患者を不安にさせたり、板を荒らしちゃイカンでしょ~。

怒!!!

先日、子宮がんで開腹手術したお友達が、自分の病理結果を入手した。
わたくし自身はと言えば、オペ後の病理結果が出た時の説明でちらっと見せてもらっただけ。
全部横文字で、何が書かれているのかわからなかったし、じっくり見せてももらえなかった(と言うか、その時は見ようとも考えつかなかった)。
その後、転院してしまったのでコピーを要求するチャンスがないけれど、自分のも見てみたいなぁ。
と、その話は置いておいて。

お友達の病理結果も横文字だった。
その解読(翻訳??)をやらせてもらったんだけど、この作業って、わたくしの性分に合ってる!
文字がすご~く薄くて判別不能の場所があり、完全に解読しきれなかったのがちょっと残念。
病気のことが書かれているものなので、「楽しい」と言ったら大変語弊があるけれど、解読作業自体は非常に楽しかった。
これを仕事にしてもいいかも~とまで思った。(儲かるならネ)

それにしても、先生、字、汚すぎ!
医師国家試験にペン習字の科目を入れていただけるとありがたい。

字って、読めてナンボだと思うんですけれど…。
スポンサーサイト



  1. 2003/10/23(木) 23:30:00|
  2. がん患者として思うこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)