子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)

事件が多すぎ

準看護士の筋弛緩剤殺人だの、祖師谷の一家4人殺人だの、新生児連れ去りだの、年末年始にかけて大きな事件が多い。

特に準看護士の事件は、彼が犯人だとしたら、とんでもないことだ~。
ぴょんぴょんは今までも、病院で自分に使われる薬剤をチェックしまくっていたけど、しょせんは素人。
最終的には、医療サイド側を信用するしかないのよねぇ。

それに、すごく具合が悪かったり、意識がないなど、薬剤をチェックする余裕がない時はどうしたらいいんだろ?
ぴょんぴょん自身も、去年の暮れの「妊娠してますか」「アルマジロさん」事件以来、正直言って病院へ行くのが怖い。

でも、検診に行かないというのも無謀だし、ほんと、ジレンマを感じる。
もちろん、献身的な医療従事者の方もいるのはわかっているけど、ぴょんぴょんの実生活では、そういう人に会うことは少ないなぁ(ToT)

新年が明けたばかりだというのに、来月中旬まで仕事が詰まっていて、一日も休みが取れそうにない。
足が痛いので、しばらくゆっくり寝ていたいけど、当分は無理みたい。
春になったら、長期休暇を取って、どっか行きたいな~。
スポンサーサイト
  1. 2001/01/10(水) 23:30:00|
  2. がん患者として思うこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。