FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

病気違い?

昨夜は布団で寝たぞぉぉ!
満足♪

うさぎの本宅のアクセスログを見ていると、「うさぎの病気」という言葉で検索して来る人がちらほら。
ペットのうさぎが病気になり、心配で調べているんだろう。
それにしても「うさぎ ガン」とか「うさぎ 子宮」という言葉は何を調べたいのか、かなり不思議ではあった。
うさぎの本宅に以前来たことがあって、久しぶりに来るのにサイト名を忘れてしまい、「うさぎみたいな名前の管理人がやってる子宮ガンサイト」というおぼろげな記憶から検索をかけたのかな~なんて思っていたんだけれど…。

昨日、はじめて知ったこと。
うさぎ(ホンモノの動物の方)って、メスは子宮腺ガンが少なくないらしい。
そうだったのか~。

痛風発作男はカワハギを釣ってきて、それを肴に飲んでいる。

ムカ~。

夜中、足の親指をぎゅゅゅゅゅうっと握ってやった。
「ううっ…」と言っていたから、まぁだ痛いんだろうな。
けっ!

それとは別に、わたくしは彼の前立腺に問題があるんじゃないかと睨んでいる。

ぴ「前立腺、診てもらった方がいいんじゃないの?」

夫「この前の健康診断でお腹回りのエコー撮ってもらったけど問題ない。なんか映ったらしいけど、石灰化してるって言ってたし」

ぴ「はぁ?」

どこに何が映ったの?
石灰化しているのは「いい」所見なんですか?
なんか、わけわからん。
「一度、ちゃんと診てもらった方がいいんじゃないの?」とは言ったけれど、本人にその気があるんだかないんだか…。
健康診断と、自分から専門診療科に行く「違い」がわからないようだ。

健康家族なら、病気や病院についてよくわかりませ~んって言うのも不思議ではないけれど、がんだった女房と暮らしてて、わたくしの発がんからの経緯を見てて、術後後遺症を婦人科で対応してくれないと怒ったわたくしがいろいろな診療科に行くの見てて、内科で膠原病疑いの診断をもらったわたくしが膠原病専門医に乗り換えたのも見てて、それで健康診断でどっかが「石灰化してる」って言われて安心してるあなたって…。

わたくしのこと、見てるようで見ていないんでしょうね。
しょせんは「他人事」だもんね~。
どっかに何かが映ったの、石灰化してるだのって言われて、そんなあやふやな話で不安にならないとは羨ましい限りでございます。

まぁ、あれだ。

危機感なさ過ぎ!
スポンサーサイト



  1. 2003/12/07(日) 23:30:00|
  2. 夫婦|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)