FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

回転寿司と外国

夕食に回転寿司へ行った。
外国産の「もどきネタ」が多いと聞いていたけれど、国産の本物ネタや、あぶるなどのひと手間加えたお寿司もあってびっくり。
おいしかった~♪

夫は5月に上海、6月はニューカレドニアだそうだ。
上海は純粋な仕事なので、わたくしが口を挟む権利はない。

2002年5月に夫が中国に出張した時は、姑がいきなり倒れて「1~2日しか持ちません。呼び戻してください」と言われ、大変だった。

わたくしは中国に国際電話をかけなければならず、日本語はもちろん英語も通じないんじゃないかとアセったっけ。
「ウェイウェイ、ウォシーピョンピョン。ウォシリーベンレン」(もしもし、私はぴょんぴょんです。日本人です)とうろ覚えの中国語でしどろもどろで話し始めたら、日本語を話す人が出てきて助かったんだった。
中国語は第4声まであるから、抑揚が違うとまったく別の意味になってしまう。
日本人が言う「ママ」は、「馬のお母さん」という意味になると聞いたことがある。

今考えると、話がよく通じたものだ。火事場のなんとかってやつでしょうか?
いや、窮すれば通ず、かな?
もしも言葉が通じなかったら、夫の名前を日本語と怪しい中国語で連呼するつもりだった (;^_^A

トンボ帰りした夫は後日、「どこも見ていない。数回食事しただけなので中華街に行ったのと変わらない」と半ば嘆いてもいた。
今度はちゃんと仕事も観光もできるといいね。

ニューカレドニアは、取引先の「ご招待旅行」なんだって。
外国だと「ご夫妻で」ってことも多いようだけれど、日本はまだそこまで行ってないのか。しくしく (ToT)

招待旅行って、「いつもお取引いただき感謝」と「これからもよろしく」って意味合いが強いでしょう?
「夫を落とすなら、まず妻を味方に」って、いい戦略だと思うんだけどなぁ。

ご招待する人を間違っていませんか?

と一応言ってみる (;^_^A

深夜、お腹が痛い (ToT)
何を食べても、ぴ~攻撃か詰まりそうになるかで、なかなか中庸の域に達しません…。
スポンサーサイト



  1. 2004/04/21(水) 23:30:00|
  2. 夫婦|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)