FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

困ったちゃん

自分のやったことがどれだけマズイことだったかをよく理解できない人もいるみたい。
そうやって俺様ルールを叫んで一生終われるといいね、と書いてみる。

サイト来訪者なら、好きなハンドルを使うこともできるし、ハンドルを使い分けることもできる。
もしもトラブルを起こしたらハンドルを変えるなり、そのサイトに行かなければいいだけ。
でも、こっちは定位置に居住(サイト持ってる)して、ある程度のプロフィールもつまびらかにしてるんです。
名前を変えたり、サイトを閉じてドロンするのは簡単なことじゃありません。

当たり前の話ですが、ネットにもマナーとか、決まりとか、人間関係はあり…。
うちのサイト内で起きたことは、わたくしが悪くなくても、収拾に奔走したり責任を問われることがあるんです。
トラブルを嫌うのは当然でしょう?

しかも、注意書きを読んだのなら、こんな投稿はありえないでしょ。
なんだかな~。

ちなみにうちのサイト内でのトラブルにおいては、病気だとか不安だから「やっちゃった」っていうのは釈明になりませんね。
ほとんどの来訪者は、すでにがん告知された患者さんだもん。
みんな大なり小なり不安持ってるもん。
そこらへんのことは、まずはじめに考えていただきたいです。

それからあちこちに書いていますが、うちのサイトは、がんが確定して開腹オペ以上の治療を受けられた患者さんが多いです。
がんのステージや受けた治療で「AさんよりBさんの病気の方が軽いから、Bさんは不安を訴える資格がない」と比較するようなことはしない方針ですが、がんかどうか確定していない方や、子宮温存治療で終われそうな患者さんが「私は大変」と大騒ぎするとですね、タイミングにもよりますが、「どこが大変? なにが大変? そんな治療で済むのにぎゃあぎゃあとうるさ~い! こっちは全摘ですよ。抗がん剤ですよ。ちょっとは回りの状況も見てよ」って怒り出す閲覧者もいるんです。

ひと口に「子宮がん」と言っても、すでに全摘治療済みの患者さんと、細胞診クラスに異常があるという段階の患者さんでは、互いの思いに温度差があります。
何のためにうさぎの本宅掲示板とは別に、黄体ホルモン治療掲示板やHPVの専用コンテンツを作っているかと言えば、病状や治療の違いによる余計な軋轢・トラブルを避けるためという意味もあるんです。

子宮全摘した患者さんが、子宮温存されている患者さんの集まる掲示板で「私は全摘しちゃって大変なんですよ~。こういう後遺症があるのですが対処法ご存知の方いらっしゃいますか?」って訴えるのをあまり見たことがありません。
だから、逆の事をする時も、ちょっとは考えてくださいね。
再三再四お願いしていることですけれども。

なるべく同じ状態の方が集まれるよう、他の状態の人が不愉快な思いをしないよう、いろいろな場を用意してあるんです。
TPO考えてくださいね。
自分は不安で大変だから、聞きたいことはどこでもいつでも聞いて許されると思ったら大間違いですよ。

閲覧者している患者さん方の怒りがあまり表面に出てこないのは、「がんかどうか確定していなくても、どんなに軽いステージであっても不安なのにかわりはないのだから」「病気がわかった当初は、自分もこの方と同じようだったろうから」と、騒ぎ過ぎる困ったちゃんの心情を理解し、目に余る言動も我慢しているからだと思われます。
多くの方の我慢の上で大騒ぎしているところに、気づいていただきたいです。

でも、その理解や我慢にも限界はありますので。
閲覧されている方々も、わたくし自身も、困ったちゃんが大騒ぎする心情はわからなくはないので、かな~りムカつくことでも黙って我慢してたりするんです。
なので、あなたにも他の方々の気持ちを考えていただきたいです。
ということをはっきり要求しなければならなくなったことが残念でたまりません。
そういうことに気が回りそうにないのであれば、サイト内を読むだけにしておいて、掲示板などは使わないほうがいいでしょう。
勢いだけで書いちゃうと、激しくトラブることが多いです。

今日のことについては…。
サイト内をご覧いただけばおわかりになると思いますが、病気で不安な心情は汲み、できるだけあなたが再チャレンジしやすい設定を作ってあります。
そのチャンスを使うか使わないかは、あなた次第です。
スポンサーサイト



  1. 2004/05/12(水) 23:30:00|
  2. サイト管理者の憂鬱|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)