FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

来週の予定

今度の日曜は父の日なので、義父へのプレゼントを買いに行かなくちゃ。
膠原病専門医へ、この前の結果を聞きに行かなくちゃ。
乳がんと大腸がんの検診に行かなくちゃ。
避難器具の点検で検査員が部屋の中に入るので、ちょっと真剣に掃除をしなくちゃ。

病気する前なら、上記のことは1日ですべてできたと思うけれど、今は1日1個ずつが限度かなぁ。

4年もがん患者やってると、「前はできたのに」とか「他の人はできるのに何で私は…」って思うことが少なくなる。
病気する前や、他人と比べるのは無意味ということが本当に本当によくわかった。
他人はわたくしじゃないし、がんになる前より確実に年齢は増えているので、どうして比べられるの?って思う。
今は今で、昨日でも去年でもないんですよね。

夜。
食後にお腹痛くなっちゃってベッドでうなっていたら、ネットサーフィンしていた夫が「ぴょんぴょん、これすごい。このサイトのデザインかっこいい!」と呼びに来た。

妻の腹痛より、サイトデザインなのか…。
まぁ、わたくしの腹痛は毎度のことなので、夫は慣れちゃってるんだろうけれど、大丈夫ですかとか何かないのかしらね?

どんなに素晴らしいデザインなのか、起き出して見に行った。
はは~ん。

夫「ね、ね。かっこいいよね」

ぴ「これ、何ていうか知ってる?」

夫「え?」

ぴ「ブログって言うんだよ」

色使いやレイアウトがかっこいいと言ってるのかと思ったら、夫はブログのシステムに驚嘆したらしい。
気持ちはわかりますが、夫もウェブマスターのはしくれである。
ブログをはじめて見たっていうのは、ちと遅いんでないの?
それは置いといて。

これからはやっぱりブログの時代なんでしょうか。
う~ん、悩む…。
スポンサーサイト



  1. 2004/06/13(日) 23:30:00|
  2. がん患者として思うこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)