FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

いろいろ

歯の詰め物が取れてしまったので、歯科で入れ直してもらった。
他に虫歯はないし、口腔内にも異常ないですよって。よかったぁ。
次回、歯のクリーニングをして治療終了になるとのこと。

ちょっと年上の友人に用があって電話したら、更年期症状が出たらしく、具合悪いそう。

友「汗がダラダラ出て頭も重いのよぅ。そのせいかイライラするし、もういやになっちゃう。うんたらかんたら」

ぴ「病院で診てもらったら? 一般的な更年期症状なら、薬でかなり押さえられたりするらしいよ」

友「婦人科でしょう? 行きたくないわ」

ふ~ん。

わたくしの中では、話はここで終わった。
彼女は健康体で、ホルモン補充療法が受けられないような病気は持っていなかったはず。
「病院へ行って治療を受ける」と「病院へ行かないで具合悪いままでいる」という2つの選択肢があり、病院へ行かないことを自分で選んだのだから、具合悪くてもしょうがないじゃん。
自分で選び、選んだ通りの結果が出ているのに、なぜ愚痴る必要があるのか、わたくしには理解不能。

病院に行きもしないで具合の悪さをただ嘆く、この不毛な会話につき合えるほど、わたくしは人間ができちゃいないんでございます。

やることやってから、騒げって感じ。

ひとりでずっと嘆いてるといいよ。さよなら。

ウイルス添付メールが届いた。
またまた、またまた、あなたですか!
いい加減、イライラする。
そろそろ気づけや、と言うか、たぶん、いや絶対に、わたくし以外の人からもクレームは行ってると思うんですよね。

厚かましいのか、賢くないのか…。

メアドを晒したい衝動を必死で押さえています。
わたくしの忍耐力を試そうなどと思うなよって感じ。

はふぅ。

夜、近くの小学校で蛍鑑賞会があった。
校庭のかたすみにホタル池を作って、児童が育てているのだそうだ。
今日だけ、午後7時半~8時半に校庭へ入れてくれる。
ここに15年以上住んでいるけれど、小学校に用事はなかったので、中に入るのは初めてだ。

学校のそばまで行ったら、うわ~という歓声とものすごい人並みが見え、中に入れないんじゃないかと思った。
実際は、夜の学校に興奮した子供たちが喚き叫びながら校庭をかけ回っていたのであって、ホタル池の回りはそんなに混んではいなかった。
ほっ…。

草むらの中に、淡い光の点滅が見える。
時々、頼りなげに飛ぶ。
とってもきれい…。
ディズニーランドの「カリブの海賊」を思い出した。
船に乗ってすぐ、蛍の飛ぶところがありましたよね?

「迷子のお知らせをします」というアナウンスも流れて、先生方はなかなか大変そうでしたが、いいもの見せていただきました (^o^)

西日本と東日本では、蛍が1分間に点滅する回数が違うという話を思い出した。
家電品も東と西では使用Hzが違うなぁ、土地の影響を受けるのかな、なんて考えた記憶がある。
インバーター蛍っていないのかな? あは… (;^_^A

*蛍の点滅は東日本は4秒に1回、西日本は2秒に1回。
家庭の電気は、東日本は50Hz、西日本は60Hz。
インバーターの製品は、簡単に言うと、出力周波数を変えることができる機械なので、その地域のHzに自分で勝手にあわせて最適運転してくれる。
スポンサーサイト



  1. 2004/06/16(水) 23:30:00|
  2. がん患者として思うこと|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)