FC2ブログ

子宮体癌術後日記  **ぴょんぴょんがキャンサー・サバイバーになるまで**

親しい人とのお別れ、新たな病気の発覚、癌再発??etc。いろいろあった子宮体癌術後5年間の全記録です。

自分はどうなのよ?

お中元を贈ったので、ぽつぽつとお礼の電話がかかってくる。
今日は、年老いた叔母からかかってきた。
痴呆気味なので、話を合わせるのが大変だったりする。
お礼を言われた後、ひょんなことから実家のお墓の話になった。

ぴ「永代供養したいとは思っているんだけれど、数百万単位のお金がかかるの。私の仕事も今は無理できないので儲からないから、供養はまだ先だわ~」

叔「そんなにお金かかるの? 大変ねぇ」

ぴ「1銭も残さずに死んだバカ親父の心がけが悪かったんだから、しょうがないよ」

叔「永代供養したら、お墓なくなっちゃうの?」

ぴ「しばらくはスペースを残してくれるって。私たちが生きている間は、たぶん墓石あるよ。でも、うちの家名も私で終わりだわ」

由緒ある家柄でも財産家でもないので、家名もへったくれもないんですが (;^_^A

叔「○○さんところも子供いなかったけれど、夫婦養子を取ったって」

ぴ「うちは、養子に来てもらったところで、借金しか残してやれないからかわいそう」

叔「そうだよね。しょうがないよね。ただ、ぴょんぴょんの旦那さんには申し訳ない」

わたくしたち夫婦に子供がいないので、わたくしの夫はかわいそうだという意味みたい。

ぴ「ああ、それはいいの。病気になった時、一応『離婚したいですか?』って聞いてあるから。彼は離婚したくないって言ったの。彼に子供がいないのは本人が選んだことです」

がんになった上、子供がいないことで夫と揉めるのではたまらないので、わたくしが子宮摘出することになった時、夫には、わたくしと離婚して再婚し、子供を持てるかもしれない選択肢を提示したわけです。
夫は「離婚したくない = 子供はいなくていい」を選んだので、納得済み。
文句は言わせない。

ちなみに叔母夫婦にも、子供いません。
養子は取っていません。

わたくしたち夫婦のことを大きなお世話する前に、自分はどうなのよ?
叔母はなぜ養子を取らなかったのか、叔母の夫は子供がいなくてかわいそうなのか、心ゆくまで問い詰めてみたいものだ。

わけわかんね~。

わたくしに投げかける言葉が、自分にすべて当てはまることに気づいていないのは痴呆のせいなのか、もともとオメデタイ人だったのか…。
自分が言われたら、どう答えるつもりなんだろう。

人のことだと、いろいろ言えていいやね。

けっ!
スポンサーサイト



  1. 2004/07/16(金) 23:30:00|
  2. 嫁業・娘業|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)